地獄の一歩手前?

シェアする

精神的苦痛を与える拷問

掘った穴をまた元通りに埋めさせるという拷問があるそうです。

埋めたらまた掘って埋める。

無駄な単純作業ですが、掘ったという達成感を打ち砕く元通りに埋めるという作業。

掘るだけ、埋めるだけよりも精神的なダメージは大きいでしょうね。

さて、何度も何度もやらされて、その場は出来るようになるも、またすぐ忘れて元通りという、理解を伴わない手順をなぞるだけの単調で苦しい勉強という作業。

似ていますね。

子どもたちの口から、どんどん自己否定の言葉を引き出すあたり、まさに拷問だなと思います。

糸山先生からのコメント

正しく、賽の河原状態ですね。

地獄の一歩手前ということですねぇ。事実そうだと思いますよ。

賽の河原って?

冥土(めいど)の三途(さんず)の河原(かわら)。死んだ子供が父母供養のため石を積んで塔を作ると、鬼がそれをこわすが、地蔵菩薩(ぼさつ)に救われてまた石を積むという。
いくら続けても、あとからあとからくずされる、むだな努力のたとえ。

引用元:https://kotobank.jp/word/%E8%B3%BD%E3%81%AE%E6%B2%B3%E5%8E%9F-508276

積んでも積んでも横で鬼が崩してしまうんですよ。

いませんか?口では頑張って積め!いいぞ積め!と言いながら邪魔をしている鬼が?

置き換えてみて!

凄く嫌な仕事。

家に持ちかえりたくないでしょ?

家に持ちかえってやらなきゃならない時、量が少なくても職場での嫌な気持ちが再現されて嫌でしょ?

上旬に言われた嫌なことや不愉快なお客のこと。

やる気でないでしょ?

だらだらやっちゃうでしょ?

子どもだって心がある人間なんだから同じこと。

仕事と違って給料を貰えないからより辛いか。

★入会をご希望の方へ★ ★子育てコラム★ ★限定記事(パスワード)について★


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村