学校のいじめ最多 32万件

シェアする

文部科学省から「問題行動・不登校調査の結果」が公表されましたね。

結果(速報値)について1

結果(速報値)について2

気になるところはこんな感じでした。赤字は私のコメント。

●小・中・高等学校における,暴力行為の発生件数 59,457 件(前年度56,806 件)
児童生徒1,000 人当たりの発生件数       4.4 件(前年度4.2 件)

● 小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数 323,808 件(前年度 225,132件)

小学校237,921 件(前年度151,692 件)

中学校71,309 件(前年度59,502件)

高等学校12,874 件(前年度12,664 件)

特別支援学校1,704 件(前年度1,274 件)。

全体 323,808 件(前年度225,132 件)。

児童生徒1,000 人当たりの認知件数は23.9 件(前年度16.5 件)

右肩上がりです・・・。
これは調査対象の”いじめ”の範囲が広まったことも大きいでしょうね。ただ、自殺しても言い逃れができない証拠が出るまでいじめはなかったなどと堂々と言ってしまう学校&教育委員会のあり方を考えると、氷山の一角ですね。

これだけ増えると、ただでさえ忙しい先生の仕事量はどっと増えるでしょうね。

気の毒な話です。

●小・中学校における不登校児童生徒数 134,398 人(前年度125,991 人)

不登校児童生徒の割合は1.4%(前年度1.3%)

●小・中学校における長期欠席者数

小学校67,798 人(前年度63,091 人)

中学校139,208人(前年度131,807 人)

全体 207,006 人(前年度194,898 人)

このうち,不登校児童生徒数

小学校31,151 人(前年度27,583 人)

中学校103,247 人(前年度98,408 人)

小・中の合計で134,398 人(前年度125,991 人)

学校に行きたいけど行けない、学校に行きたくないから行かない、いろんな子がいるでしょうが、行かないことによって親子が苦しまなければいいなぁ。

これおすすめ⇒  日本の学校から「いじめ」が絶対なくならないシンプルな理由

●小・中・高等学校から報告のあった自殺した児童生徒数 244 人

小学校 4 人(前年度 4 人)

中学校 69 人(前年度 56 人)

高等学校171 人(前年度155 人)

全体 244 人(前年度215 人)

※自殺した児童生徒が置かれていた状況として「いじめの問題」があった児童生徒は10 人(前年度9 人)。

244人の中で「いじめの問題」がたった10人・・・どのような調査と報告なのでしょう…。

ヒトから人間に育てることを忘れている?

小学生、口より先に拳 暴力最多、低学年でも

文科省によると、暴力行為のきっかけは「休み時間の遊びで口論になった」「授業やテストの間違いをからかわれた」などが多いという。東京都内の公立小の校長は「感情をコントロールできず、言葉よりも先に手が出てしまう児童が増えた。児童同士の小競り合いは毎日のように起きている」と明かす。

スマートフォンの普及がコミュニケーション能力の低下につながっていると見る専門家もいる。総務省の調査では、スマホを持つ6~12歳は13年に17・9%だったが、16年は33・8%になった。

引用元:https://mainichi.jp/articles/20171027/ddm/012/100/040000c

0歳児の2割、ほぼ毎日スマホ

0歳児の20%がほぼ毎日スマートフォンで動画や写真を見ている――。民間シンクタンクのベネッセ教育総合研究所が育児中の母親を対象とした調査で、こんな結果が出た。4年前の前回調査から約6倍に増え、親が手を離せない時などに乳幼児にスマホで遊ばせる「スマホ育児」が急速に浸透しているようだ。

調査は3月に東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏に住む生後6カ月~6歳児がいる母親3400人を対象にネットで実施した。

スマホを持っていた92・4%の中で、「子どもは家庭で1週間あたりどれぐらい見たり使ったりしているか」を尋ねたところ、「ほとんど毎日」と答えた0歳児の親は20・0%(前回調査3・5%)いた。ほかも1歳児24・4%(同10・7%)、2歳児25・9%(同18・9%)、3歳児23・2%(同19・9%)、4歳児20・0%(同10・7%)、5歳児15・6%(同12・3%)、6歳児18・4%(同8・2%)とすべての年齢で前回調査を上回った。

頻度にかかわらず子どもがスマホを使うとしたのは71・4%で、どんな場面で使っているかを複数回答で聞くと「外出先での待ち時間」が33・7%で最多だった。「子どもが使いたがるとき」が29・7%、「子どもが騒ぐとき」が23・5%、「自動車、電車などの移動」が21・6%、「親が家事で手が離せないとき」が15・2%と続いた。全体では1日あたりの使用時間は15分未満が最も多く、70・2%(同87・6%)だった。

調査にあたった担当者は、「会話をしながらなら、絵本のように親子の交流を深めることにも使える。外遊びなどの実体験とのバランスを考え、どう生活に取り入れるかが重要」と話している。

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASKBT2J9HKBTUBQU003.html

>外遊びなどの実体験とのバランスを考え、どう生活に取り入れるかが重要

いや、取り入れなくていいから!

大人の問題

家でいい子を強要すると、子どもは学校でストレスを発散します。

土日祝日にのんびり休ませないと、学校で活動するエネルギーが足りません。

勝利、点数、成績を重視しすぎると、友だちを見下す言動や低い自己肯定感につながります。

他人を馬鹿にしたり、叩いたりして笑う大人の映像を見せると、子どもは真似をします。

遅くまでテレビ・ネット・ゲームをやって寝不足の子は、学校で頭が働きません。

習い事・スポ少・先に宿題をさせるなど、子ども同士で遊ぶ機会が奪われています。

仮想体験(ゲーム・テレビ・ネット・勉強・読書)が多く実体験が少ないと義務教育の勉強すら躓きます。

ボール禁止、大声禁止、空き地も自然もない、それでゲームを与えられて怒られる。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村