就学前の準備

シェアする

小3~4くらいまでは、単純な計算問題が早くできる子がテストで良い点を取るし、勉強ができるようにも見えるからそれを目指すのでしょうが、そうした子の多くが、ノーヒントでどんぐり問題をやらせれば、

○「習ってないからわからない!」と思考停止。
○「これ何算?」と聞いてくる。
○数字だけ見て意味のない計算をする。

になります。

さらに、絵を描くことを教えてあげると、普段計算が遅くて勉強ができないと思われている子たちのほうが粘り強く答えを見つける傾向があります。

考えるには、ゆっくりのほうが好ましいですから。
スピードに慣らされた子は、ぱっと答えが浮かばないと諦めやすい。

だから、計算が早くできるという評価基準を変えてみると、子どもたちの評価はガラッと変わります。

それまで100点ばかりだった子が、小4~高学年でボロボロになるケースが多いから、小4から学ぶ内容が難しいなどという通説がまかり通るのでしょう。

小4から簡単になってどうするの(笑)

どんぐりっ子は高学年になると算数が簡単になると言います。

もちろん実際には難しくなっていますし、教科書の内容も授業の内容も…あれですけど、咀嚼して自分のものにする力がついていますから、教科書通りのやり方を徹底されてわからなくなることはありませんね。

一時的には混乱する場合もありますが、公式を使わないで絵図を描いて自分のやり方でやってごらんと言えばまぁ戻りますね。

だから、低学年の頃は学校の評価に合わせない、周りのスピードに合わせずに、できるだけ計算スピードをあげない、大量にやらせない、それで「自分は算数が出来ない」「自分は頭が悪い」と思わせないかかわり方が大事です。

小4あたりから、周りの子たちが勝手にボロボロこぼれていきますから、それまで自信を喪失しないように守りましょうね。

漢字も読めて意味が分かるのが大事です。

書きはおまけです。テストのやり直しなどでどうしても必要なら、1日1字だけIF法で覚えましょうか。

基本的に、勉強面の心配はする必要はありませんよ。

どう守るかです。毎日家に帰ってきたらしっかりリセットをすることです。
というようなことを、今年も新1年生のお母さんに伝えています。

限定記事も読んでもらっているし、計算地獄も味わってもらったし、宿題マシーンも稼働する気満々だし、嫌がったら休ませる覚悟もできているし、家庭でできる準備はOKです。

あとは ”運” 。先生は選べないから。

年長(5歳)から小学校に上がるまでのどんぐり学習も大事ですから、無駄にしないようにしましょうね。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村