大人でもおかしくなる

シェアする

勉強会で体験してもらう減減法のさくらんぼ計算の中に、ひとつだけ減減法で出来ない引き算を入れておく。

※減減法・・・14-7 の7を4と3に分けて、14-4=10、10-3=7にする。

17-6=

これを9と答えたお母さんが2人いました。
(8人中2人だから25%ね)

普通にやってもらったら、絶対に9にはしないはずのお母さんたちが、9にしてしまうほど混乱するんですね。

6を3と3に分けて、17-3=14、14-3=11として正解したお母さんもいました。

じゃぁ数の概念がまだしっかり身についていない小学1年生はどうなるんでしょうね~

数字に丸をつけて、足し算・引き算がわかる言葉に線を引くというやり方で文章問題をさせて、いたずらでこの問題を混ぜておく。

『メダカはフナより6匹多くいます。今数えたらメダカは8匹でした。メダカとフナは全部で何匹いますか。』

あれ?おかしいと気がつきながら6+8+8=22 答え22匹とやるお母さんが一番多い。

ついで14匹、最後に10匹。

これも1問だけ出したら正解率は上がるでしょう。

でも間違えてしまう。

読まなくなってしまう。

自分自身の頭が混乱する経験、そういう刺激を子どもたちが学校と家(宿題)で毎日何年も受け続けて来た事実、そして親も良かれと思ってさせてきた事実を突きつけられるから ”絶句” するんでしょうかね。(他にもいろいろ体験してもらいますし)

小学校の算数では、単に算数が苦手になるだけでなく、人格否定、思考停止につながるようなイベントが盛りだくさんです。実際に学校の授業に入って、実際にその学習をやって見つけました。

見つけたけどやっていない酷いイベントもたくさんあります。

●酒井式描画法

シナリオ

作品例

●音声計算

●九九の下りを時間を計ってやること。

やったらどう感じるかなぁ やらないけど。

あっ酒井式は算数じゃないか(笑)

家庭で取り組んでいるお母さんから頂いたコメント

酒井式には個人的にとっても不満です。
(異常を異常と思えない、あるいはせざる負えない・・・
どちらにしても恐ろしい)

九九の時間を図るのは論外です。
九九検定合格したい娘には、とにかくゆっくりと言い続けています。
計算の速いお友達は、娘とボードゲームしているとき、
娘のお金の計算が遅すぎると切れていました。
(まさに突然切れているといった表現がぴったりでした。)

音声計算・・・もう本当に嫌だとしか言いようがないのですが・・・

お仲間のどんぐり教室の指導者から頂いたコメント

メダカとフナの問題、本当に22匹、14匹、10匹の順に多かったです。間違えていることに驚いてるお母さん、説明しても?となっているお母さんもいました。

そこまでしてもまだ、宿題を続けてさせているお母さんが減りません。
宿題をしていない子が、廊下に出されて酷く怒られているのを見ている子どもたちも、宿題なんて死ね!と言ってる子達もやめられません。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村