つぶやき

シェアする

予定通り

休校後に始まった子どもたちへの「コロナは怖い」洗脳教育もあって、喜ぶ人が多いのだろうか?

「2021年前半開始」国民全員に接種 新型コロナワクチン巡る厚労省プラン
2020/06/02 20:56(毎日新聞)

厚生労働省は2日、新型コロナウイルスのワクチンを早期実用化する「加速並行プラン」をまとめた。国内外で研究開発が進むワクチンについて国内で「2021年前半に接種開始」との目標を設定。最終的に国民全員に接種することを念頭に、国費を投じて製造ラインを整備するとした。

公明党が国会内で開いたプロジェクトチームで示した。ワクチン開発は通常、基礎研究▽安全性の確認を含めた薬事承認▽生産――と、実用化に数年を要する。通常は臨床試験が終わり実用化のめどが立ってから着手する製造ラインの整備について、プランは研究中から政府が資金を投入し、審査・承認の過程も大幅に短縮するとした。一方でワクチンの生産体制が整った後も、大量供給できるまでには「生産開始後半年〜1年程度」かかるとした。

政府は今年度第2次補正予算案で製造ラインの整備費を基金化し約1400億円を計上。補正予算の成立後、1件200億〜300億円をめどに5件程度を公募で選定する。【横田愛】

引用元:https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20200602k0000m040219000c.html?fbclid=IwAR3KzC51_SaXTbYsQswm2bkQ0jNXecRyOfG8W0eIT_xPP1FvA_61ldrQQ4k


算数ドリル

確かに絵が増えた。
イメージ力が低い子にも解けるようになっているけど、自分でイメージ出来なきゃ力はつかないことにかわりはない。

むしろ、絵があるからイメージしなくなる。

絵を描かせよう。
まわり道に見えてもそれが最短距離。

狂育

学校は奴隷教育の姿を隠さなくなってきたように思います。

全児童生徒と教員、シールド着用を 大阪市長

大阪府に対する緊急事態宣言が解除されたことを受け、大阪市は22日、市立小中学校で6月1日から分散登校を再開し、給食も提供。同15日から通常授業に戻すことを決めた。松井一郎市長は感染防止策として、全児童生徒と教員に、顔の前面を覆うシールドを着用させる考えを明らかにした。

市教育委員会によると、最初の2週間は1学級を午前と午後に分けるなどし、小学校は2~3時限、中学校は3時限の授業を実施する。授業時間を確保するため小中学校ともに夏休みを18日間、冬休みを2日間それぞれ短縮するほか、土曜日の授業実施の拡充も検討する。

引用元:https://www.sankei.com/smp/west/photos/200522/wst2005220025-p1.html

教室の机に卓上シールド 亀山の小中学校で授業再開

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で休校が続いた各地の小中学校で一日、通常授業が再開された。

三重県亀山市の小中学校では飛沫(ひまつ)感染防止のため、透明板で覆う「卓上シールド」が机に置かれた。
PETフィルムとプラスチックでできている。亀山に工場のある企業から市が購入した。サイズは四種あり、一枚は千百八十〜千三百三十八円(税込み)。顔に着けるフェースシールドのように、取り外しの煩わしさがないという。
机に固定したまま、授業を受けたり、給食を食べたりする。亀山西小一年の坂口剛絃(ごうけん)君(6つ)は「給食ははしがぶつかって、ちょっと食べにくかった。隣の子に話し掛けても気付いてもらえなかったし、変な感じ」と話した。(上井啓太郎)

引用元:https://www.chunichi.co.jp/article/66238?fbclid=IwAR2mywMhhkFy0GN1s4PvOrhte9P_ISAol2cA5W1zoDOoay8b11ncwftpDho

「フェイスシールド」で授業再開 福岡・粕屋町の小中学校 

臨時休校が続いていた福岡・粕屋町の小中学校では、すべての児童や生徒らに対し、「フェイスシールド」を配布して、授業を再開した。

生徒たちの机に配られた透明の板、飛沫(ひまつ)を防ぐための「フェイスシールド」。

粕屋町教育委員会は、25日に授業を再開した町内6つの小中学校すべての児童や生徒、教職員に対し、感染リスクを減らすためのフェイスシールド、およそ5,400個を配布した。

このうち粕屋中学校は、校内では、給食と体育の時間を除いて原則着用とし、生徒たちが下校する前に消毒をして、学校で保管することにしている。

生徒たちは、「マスクもするから少し暑いけど、感染対策できるからいいかなと思います」、「コロナに負けないように頑張っていきたいです」などと話した。

これから本格的な夏を迎える中、フェイスシールドの使い方について、学校は「生徒の体調に応じて、暑さ対策など柔軟に対応し、生徒や保護者の安心につなげていきたい」としている。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/45530?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink&fbclid=IwAR1yEacUryuxyFyORwFnRoKA9kygGSm0-ttJszv092jfOH675cg3XN_m01Y

大村知事フェースシールド着用 2日で断念「息苦しい」

愛知県の大村秀章知事が13日、フェースシールド姿で記者会見した。新型コロナウイルス対策で普段はマスクをしているが「こちらの方が話しやすいかな」と考えて、使ったという。

大村氏は12日午前にオンラインで参加した全国知事会で初めてフェースシールドを着用。13日も記者会見や医療関係者との会議で使った。新型コロナウイルス対応で連日記者会見に臨み、会見が1日に複数回に及んだり、1時間を超えたりすることも珍しくない。このため、口元をふさがないフェースシールドに切り替えたという。

ところが、着用して長く話すと「思った以上にマスクよりも息苦しい」と感じたという。さらに、周囲から「声が聞こえにくい」と言われたため、マスクに戻すことにした。

「大変さが分かった。これで対応される医療従事者に心から感謝したい。また折に触れてどこかで使えれば」と大村氏は話した。(堀川勝元)

引用元:https://www.asahi.com/articles/ASN5F6W3KN5FOIPE021.html


20歳未満のコロナ感染者数、重篤者数、死者数を数字で見てみれば、この学校再開後の子どもたちに強いる感染予防対策が、子どもたちの命を守るものではないことは明らかですね。