指示

シェアする

ブログ更新が滞ってすみません。久しぶりの投稿です。

「〇〇やって!」
これは指示。
相手を言葉一つで動かすもの。
存在否定につながる命令ではないけれど、
お願いではありません。
 
これをお願いだと思っていると、
子どもは反発し荒れます。
 
学校でも家庭でも。
 
お願いだと思っていると、
 
「(ほかにやりたいことがあるのに)申し訳ないけれど、」
 
というような言葉は出ず、
もちろん
 
「お願い」
 
という言葉など出ず、
 
「ありがとう」
 
なんて言葉もでない。
 
指示したとおりに子どもが動くのが当たり前と思い、
動かないと怒鳴る。
子どもの意見は聞かない、
やった結果にケチをつける。
 
子どもを「自分の意志を持った一人の人間」と思っていないと無意識にやります。
私は無意識でできる自信がないので意識しています。
 
「悪いけど…」
「〇〇してくれる?」
「ありがとう。」
「助かった。」
 
意識して言います。
無意識だと忘れるから。
 
これは企業で後輩や部下に仕事を振る時に学びました。
どう言えばいいか、何度か頭の中で練習してから言います。
 
言われたことへの返答ではなく、自分発の言葉だから誰でもできます。
 
意識するかしないか。
相手を自分の意志を持った一人の人間と認めるか認めないか。


  

★入会をご希望の方へ★ ★限定記事について★ ★地頭を鍛える学習教室HP★