つぶやき

シェアする

長男の学校では、ペナルティーで自学ノートが一枚増える。 完全に罰で、大人も子どももわかっている。でも聞かれたらこう答えますね。
大人だから。

『全国津々浦々、どの学校でも宿題が出されています。その目的は何かと問われれば、多くの学校関係者や保護者は、「子どもの学力を高めること」「学習習慣を付けること」と答えると思います。』


麹町中学校の校長が「宿題全廃」を決めた理由とは?

藤井聡太七段も疑問に感じた「宿題の必要性」

宿題――ただ「こなす」だけになっていませんか?

全国津々浦々、どの学校でも宿題が出されています。その目的は何かと問われれば、多くの学校関係者や保護者は、「子どもの学力を高めること」「学習習慣を付けること」と答えると思います。

しかし、本当にその目的は達成されているのでしょうか。自宅で宿題に取り組む子どもたちの実態を思い浮かべてみましょう。

例えば、数学の計算問題が20問出されていたとします。勉強がよくできる子は、すでに解ける問題から、あっという間に片づけてしまうでしょう。一方で、苦手な子や分からない子は、解ける問題だけを解き、解けない問題はそのままにして翌日、提出することが多いのです。

自ら学習に向かう力を付けて、学力を高めていくには、自分が「分からない」問題を「分かる」ようにするプロセスが必要ですが、多くの宿題においては、そのことが欠けています。すでに分かっている生徒にとっては、宿題は無駄な作業で、分からない生徒にとっては重荷になっているように思います。

宿題を出すのであれば教師は、「分からないところをやっておいで」と声掛けしなければいけないはずです。「分からない」ことが「分かる」ようになるためには、2つの作業が必要です。一つは分からないことを聞いたり、調べたりすること。2つ目は繰り返すことで定着させることです。

この定着させる方法については、さまざまなものがあります。書き写したり、読んだり、集中して聞いたり、何かと何かを関連付けて覚えたりなどの方法がありますが、何より大切なことは、自分の特性に合った方法を見つけることです。そして、その適した繰り返しの方法こそが、その人の生涯を支えるスキルとなっていくのです。

小学生の頃、「漢字の書き取りテストで間違えたら、1文字につき20回書いて提出すること」などと宿題を出され、一つひとつ、漢字を確認するのではなく、「作業」を早く終わらせるべく、「へん」だけを先に20個書き、その後に「つくり」を20個埋めていくなんて「作業」をした人もいるでしょう。そのとき、「作業」を淡々とこなす際の脳は、ほぼ思考停止状態で、早く終わればいいなと、「やらされている」気持ちで一杯になっていたのではないでしょうか。

以前、将棋棋士の藤井聡太7段が、担任教員に「授業をきちんと聞いているのに、なぜ宿題をやる必要があるのですか?」と聞いたことが、話題になりました。その後、担任が宿題の意義を説明し、藤井7段は納得して宿題を出すようになったそうですが、彼の主張はとても的を射ているように思います。

日々、将棋の世界で自らの技能を磨き、追求し続けている彼はすでに十分に自律した人です。自分が何をすべきかという優先順位が分かっている彼にとって、その宿題に費やす時間がもったいなかったのだと思います。

これも以前、伺った話ですが、フィンランドでは、教員も子どもも「Miksi(なぜ)?」という言葉が口癖になっているそうです。疑問に思ったことはすぐに口に出し、互いが対話をしながら、もし、不合理な状況があれば解決・改善しようとする。そうした習慣が身に付いているからこそ、改善が進み、労働生産性が高まるのではないでしょうか。

引用元:https://gentosha-go.com/articles/-/20179?fbclid=IwAR2X1M_cBWfLHLW87DciwlyvYCP-yxrjpDWYy7hR1uLAPGXSvWR3mTGJOVk

公立で

公立で管理職が9年間異動しないというのは市内では考えられない。

モデル校として成功モデルを広げる為の特例なのか、抑圧された鬱憤を爆発させない為のガス抜きなのかはわからないが、広がってほしい。

だが、息子たちが全員中学を卒業するまで、こんな学校には絶対にならないという前提で子育てをする。

『歴代の校長が「一日でも早く異動したい」と嘆息するほど荒れた同校で、2010年に校長に就任すると、足かけ9年を費やして、自由にして多様な学校をつくり上げた。』

校則全廃の公立中、名門高校に続々進学 校長の思い

「チャイムも鳴らなければ、服装は自由で校則もありません」(3年生・女子生徒)

「英語で巻き寿司の作り方を教わったのは初めて。なんとかうまく作れました」(2年生・女子生徒)

「理科の実験で、3Dプリンターで心臓を作った。そうしたら、人間くらい大きな体を動かすには、2心房必要だってわかった。すごくないですか!?」(2年生・男子生徒)

「ハロウィンは先生も生徒も仮装して来るし、バレンタインチョコだって持ってきて叱られるなんてことはありません」(2年生・女子生徒)

「前の学校では、登下校中にしゃべっちゃいけなかったんです。とっても息苦しかったけれど、ここは自由。生き返った心地です」(1年生・男子生徒)

──まるで大学か、はたまた最先端をゆく私立高校の話かと思いきや、ここは中学校。しかも東京都世田谷区の区立桜丘中学校、つまり公立中だ。

「中学受験する子どもの多い世田谷区は、“当然私立の方が優秀だ”という風潮が強いので、“そんなことはないぞ”という気持ちでやってきました。私立に対して競争心があるんですよ」

普通なら格好つけて取材では話さないようなことを、ニコニコと語るのは、同校の西郷孝彦校長(64才)。

校長室の扉はいつも開けっ放しで、次から次へと生徒が顔を見せる。「スマホを充電させて」とやってくる生徒もいる。なんだかんだと理由をつけながら、その場で相談事をしたり、愚痴を聞いてもらったりしているようだ。

歴代の校長が「一日でも早く異動したい」と嘆息するほど荒れた同校で、2010年に校長に就任すると、足かけ9年を費やして、自由にして多様な学校をつくり上げた。

「着任した当初は、朝礼の時も、“並べ!”“黙れ!”“遅れるな!”と、先生が声を張り上げる始末。力で押さえつける指導が目立ちました」(西郷校長・以下同)

しかし現在は「どうしてもこの学校で、わが子を学ばせたい」と、わざわざ学区外から越境したり、転居までして入学する生徒も少なくない。

冒頭のような英語教育やプログラミング教育など、あまり公立中学では体験できそうにない本格的な内容の授業を組み込み、名門・日比谷高校や早慶など、進学実績も都内随一を誇る。

しかし西郷校長が目指したのは、決してエリート校をつくることなどではない。

「私自身が、もともと窮屈な規則が苦手なんです」

納得のいかない校則の一つひとつを検証し、ついには全廃してしまったが、そんな西郷校長が何をおいても優先して守るよりどころがある。

「それは“生徒が3年間楽しく過ごせる学校にする”という目標です。

校則がないのも、実はその目標が先にあり、“校則があると楽しくないよね。だったらなくしちゃえ”となったわけです。授業にいろいろな工夫をしているのも、“勉強ができないと、学校が楽しくないし、高校受験も大変だよね。だったら学力のつく授業を採り入れよう”と逆算して考えていった結果です。桜丘中学の取り組みは、学校が楽しくない条件を改善することで、出来上がっていったんです」

だからこそ、同校では「授業中に教室の外にいてもいい」や「タブレットやスマホは解禁」「私服でも制服でもいい」となっており、「すべてを英語だけで他の教科の勉強をしたり作業をする“CLIL”(Content and Language Integrated Learning=内容言語統合型学習)」「夕食(100円)がつく『夜の勉強会』」などの取り組みを行っている。

※女性セブン2019年3月14日号より一部抜粋

引用元:https://www.news-postseven.com/archives/20190228_877555.html?fbclid=IwAR1zsWYMZe8tg6sAHpC14FpphZHNcY3BU9qX19w1QKe9r7M3vMP3gowPwF4


無駄ではなかったか…

市内のある小学校に通うお母さんが、

『●●の担任の先生、どんぐりを知っていました!』

名前を聞いてもわからない…。

『私、◯◯小(息子の学校)にいましたのでって言っていました。』

あぁ 転入した最初の年に校長先生に頼まれて研修した24人の先生たちのうちの一人でした。

学校に入ったのが次の年度の途中からだから、名前を聞いてもわかりませんでした。

元々かもしれませんが、ドリルをやらせる量が他のクラスよりかなり少ない、漢字は1字を大きく書かせるそんな指導。

特別じゃない

区教委の指導も無視。教師の「いじめ」で心を壊された児童たち

体罰か虐待か、恐怖が支配する教室
序章
私が小学生中学生の頃、教師は怖い存在であった。私が唯一反発をしたのは、小学校低学年当時の隣のクラスの担任であった初老の教師だ。彼はいつも「神様棒」という拍子木のような棒を持っており、忘れ物をしたり授業に集中できない子がいると、それで手や足、頭を殴る。

私はどうしてもそれが納得いかず、同級生の女の子が殴られるところで、その教師の頭めがけて消しゴムを投げつけて、その「神様棒」を持って走って逃げた。追いかけられて、教室の隅で捕まるも、全身で抵抗して、私はこう言った。「大人になったら、お前に絶対仕返ししてやるからな」

学校ではそれが問題となったが、神様棒教師に罰が下ることはなかった。一方、私も物凄く怒られることもなかったが、その教師とは距離を置かれた。その後、神様棒を何度も盗み、何度も捕まったが、彼の理不尽な暴力は未だに納得できない。もう30年くらい前の話だ。

今見たら、速攻で棒を折ってやるが、暴力教師はすでに淘汰されている。その一方で、体罰問題は新たな局面として、セクハラや精神的に追い詰めるようなものが主流となっている。

板橋区A君の事例
A君のクラスでは、通常6班までしかない班が2班多く7、8班が存在していた。これは、忘れ物などの懲罰のために用意された班である。

このクラスでは、「1人席」という懲罰があり、この「1人席」となると、班活動の他、給食なども1人で食べなければならなくなる。

7班というのは教室の後方に1人で配置されることであり、8班というのは、黒板前に配置されることを指していて、クラスの中では児童たちの常識となっていたが、保護者はこうしたことが起きていることを知らなかった。

「体罰」と「不適切な行為」「適正な指導」
学校教育法第11条には、学校長や教員は教育上必要な範囲で、児童生徒に懲戒を加えることができるとあり、ただし、体罰はダメだとあるが、文科省ではその境について事例を出している。

例えば、障害行為や暴力行為は「体罰」となる。これには直接的な殴る蹴る投げるはもちろん、間接的な「長時間にわたる正座」なども含まれる。「不適切な行為」には体罰とまでいかない暴力、暴言、ブラック部活などに見られる行き過ぎた指導が入る。

一方で、教室内で騒ぐ生徒の腕を引き、教室外に連れ出すとか、教室から飛び降りようとした生徒を無理やり抑えるなどの行為は当然ながら適切な範囲となる。

A君への懲戒は数ヶ月に及んだ
A君はこの「1人席」懲罰をおよそ2ヶ月間受け続けていた。この間、休み時間なども他のクラスメイトと話すことや遊ぶことも禁じられ、班活動などでの学習においては、班に参加できないなど授業に支障をきたすような指導も行われた。特に、給食については壁を向いて食べるように強要されていた。

そして、他のクラスメイトに対し、担任である男性教諭は、忘れ物や授業に集中しないということがあれば、A君のように1人席にすると発言していた。これは、いわゆる「生贄手法」であり、1人の生贄を徹底的にいじめ抜くことで、クラスの統制を行おうというものである。

こうした生贄手法は大なり小なり不適切な指導として行われやすいが、2ヶ月にもわたり、これを続けていたというのは、一種の虐待を行なったとも言えよう。

保護者が教室に行くとすぐに1人席は解除された
A君の様子がおかしいということで保護者がA君から1人席の内容を聞き、忘れ物を届けに行くという理由で教室の様子を見に行くと、担任教諭は慌てた様子で教室から飛び出し、しどろもどろになっていたが、この後、急遽、1人席制度は撤廃された。

仮に、これが教育的指導の範疇で行われたものであれば、保護者に知られようが1人席制度は継続したであろうが、当の担任教諭もこれが行き過ぎた指導であり、A君が精神的に厳しい状態になっていることを十分に把握していた。

二転三転する学校側の主張
もはや体罰関連行為の中にある不適切な行為には少なからず当たる不適切指導を担任教諭がしてしまったのだから、言い逃れる術はないと腹を括るべきであろうが、この学校は被害当事者であるA君やその友人らの証言に反して、わずかな日数のズレがある主張にこだわったり、特に学校長は当初は謝罪もなく、適切な指導の範疇であろうという見解を示していた。

あるはずのない7班や8班が実際に運用され、それが1人活動を意味することなどが明らかになっていくに従い、学校長は行為自体は認めず、「そういう風に思わせてしまって申し訳ない」という論調に変化するが、肝心な部分は一切認めない姿勢を貫いている。

一方で、友人らからの証言に対抗するために、この学校では学校側に有利な証言を集めている。ただし、これは「忘れ物をしたのだから、1人席になって当然」という主張から抜け出せず、結局、1人席の存在は認めるに留まっている。

さらに、類似体罰行為の当事者である担任教諭は逃げ回って謝罪の謝の字もない。なんども行われる話し合いには参加せず、プール学習の指導を優先させて、この件については逃げの一手となっている。

区教委の指導を無視
この件においてはすでに区の教育委員会が入って学校への指導を行なっているところであるが、児童らに問うアンケートの内容などを区教委と被害保護者が調整している最中、学校はその調整を無視して、すでにアンケートを始めてしまったとの情報も入っている。

区教委としては指導の甲斐もなく、学校の暴走によって何の成果も出せない状況に至っているのだ。

教室のマインドは二分されている
クラスメイトでA君にごく近い友人らは、担任教諭の不適切な指導について強い不満を抱いていた。しかし、この担任教諭は、過去にも定期的に行われるアンケートで、自分の暴力的行為を告発する内容を無理やり訂正させたことがあり、彼の監視下である教室内で、それに異を唱えることができなかった。

さらに看守と受刑者のような異質の関係性は、児童たちのマインドすら変えてしまい、A君が悪いから罰は当然なんだという考えになってしまった。私は、このマインドの変化こそ、この事件の酷さを表しているものだと思う。

本件はいずれにせよ、区教委(区教育委員会)人事権のある都教委(東京都教育委員会)でも問題となる事案となろうが、処分云々の前に、どうか、A君の心のケアはもちろんのこと、クラスメイトらの歪められたマインドを元の姿に戻してあげて欲しいと願う。

引用元:https://www.mag2.com/p/news/372745


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

★入会をご希望の方へ★ ★限定記事について★ ★地頭を鍛える学習教室HP★