昔の記事

シェアする

昔のブログにかなり記事を残してきています。

最近このブログを知った方は目にしていないでしょうから、少しずつ持ってきます。

「楽」「簡単」「便利」 2015/7/30

流行る、広まるのは「楽」「簡単」「便利」なものが多いですね。

でも流行っているから、広まっているから良いとは限りません。

お金を払えば「点数」は買えるけど「学力」は買えません。

「考える力」も売っていない。

「自主性」も売っていない。

「超能力」も売っていない。

「子どものやる気」も売っていない。

そのように錯覚させる商品はたくさんありますけど、よく考えればわかります。

ああ、もちろん「楽」「簡単」「便利」ってのは親にとってですが、勉強以外では子どもにとっても「楽」なものが多いですね。

カップメン
コンビニのおにぎり・弁当
菓子パン
ジュース
お菓子

朝ごはんをつくるのが面倒なお母さんにはとっても「楽」「簡単」「便利」です。
おまけに子どもも喜んで食べます。

で? 何が悪いの? という人もいそうですが・・・(苦笑)

テレビ
テレビゲーム
スマホゲーム
タブレット

楽ですよね~ 子どもは釘付けになってくれますから。

室内のプレイランド
メダルゲーム
ショッピングセンター

楽ですよね~ 涼しいし、お金を払えば楽しませてくれるものばかりですから。

昔から言います。

悪貨は良貨を駆逐する

健全な子たちを育てている幼稚園が、また一つ松戸市からなくなるそうです。

自然派保育をうたっていても、園児募集のために英会話やスポーツ教室、学習教室を併設して、結局親への啓蒙ができずに子どもたちの土台を育てられない園が、本当の自然派保育の評判を落とすのかな…。



40年前・・・ 2015/8/6

ここを使うと昔の地図・航空写真を見ることが出来ます。

http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/map/gmap.html?data=history

私が育った場所(松戸市小金原)です。
上が1975年、下が最近の航空写真。

子どものころは、空き地で虫取り、泥遊び、秘密基地づくり、ちょっと離れた千駄堀に行ってザリガニ・ドジョウ・カエル・亀を捕まえ、ごみの集積場となっていたため池では、発泡スチロールとベニヤ板で筏を作って遊んでいました。

採石場の土砂の山で忍者ごっこをしたり、落ちたら大けが(命も危ないな…)しそうなブロックの塀をよじ登ったり、遊ぶ場所には困りませんでしたが(ホントは遊んじゃダメなところばかりでしたが・・・)、

それでも母親に、

「自然がないところでゴメンね」

と事あるごとに言われた記憶があります。
そして、長期休みには青少年キャンプで、群馬、長野、山形、北海道、などなど、決して裕福な家庭ではありませんでしたが、送り出してもらいました。当時は「お金を出して遊ばせている」と結構白い目で見られたようですが…。

今ならその気持ちがわかります。

福井の海まで数十メートルの家で育った父と、富山の山と川で存分に遊んだ母からすれば、宅地用の空き地など人工的で子育てには不十分。高度成長期で休みなく働く父と一緒では家族旅行もままならない、そういった想いから、キャンプに送り出したと教えてくれました。感謝です。
(冷蔵庫が浮いているごみの池と銛で魚がとれる海や川と比べたら・・・ね)

今はその空き地さえなく、かろうじて整備された公園があるばかり。
その公園ではサッカーや野球は禁止され、騒ぐと叱られ、カードゲームや3DSを持ち寄って遊んでいる。

その異常な環境を、異常と感じている人はどれくらいいるんだろう。

教室に通っている子どもたちは、キャンプ、遊び、で真っ黒の子が多く、普通の学習教室なら夏期講習でみっちり通わせるところ、遊び優先でお休みの子が多いです(笑)

学校の逆効果の宿題はささっと(家族で)終わらせて、解けなかったわからん帳の問題に取り組んでいます。学校がある期間は停滞状態だった子が、さえた頭で難しい問題を解いているのを見ると、学校ってなんなんだろうなぁと思います。

当時、多分今の子たちより危険な場所で危険な遊びをみんなが普通にしていました。昔から不審者もいたし、不良もいたし、道路を自転車でかっとばしていたし、破傷風になってもおかしくないようなけがもしたし・・・。

自分が心配する親の立場になって、よく自由にさせてくれたものだと言うと、「毎朝見送るとき、遊びに出かける時、今生の別れになるかもしれない・・・。」と思って見送ったそうです(笑)

失ったもの 2015/5/28

こんな時代もあったんですね。

http://ameblo.jp/kousyoku-labo/entry-12023046584.html

地域として失ったとしても、家庭内で再現することはできますよね。

というか、どんぐり母さんはこういう環境を再現しようと頑張っているわけですから。

昔は普通だったんですよ~♪

子どもが母親のほうをチラッと見た時に、微笑んでもらう代わりにスマホを無表情に操作している姿を見る時代です。

親と視線が合った時の、「あの嬉しそうな、安心した我が子の笑顔」よりもいいものがスマホの画面には移っているんでしょうか? 何度見ても目を合わせてもらえない子どもの心の痛みには思いを馳せないのでしょうか?

我が子と同じ場所にいながら、同じ空間を共有していない異常さ。

無視と同じようなものなのにね。

普段から

宿題をやりなさい!

かたずけなさい!

ぐずぐずやってないでパッと終わらせなさい!

早くご飯を食べなさい!

習い事の準備をしなさい!

早くお風呂に入りなさい!

いつまでゲームしてるの!

テレビばっかり見ないの!

たまには言われなくても勉強しなさい!

ダラダラしないで早く寝なさい!

なんでこんな問題もわからないの!

バカじゃないの!

●位に入らなかったら■■は取り上げよ!

こんな言葉に育てられる現代の子たちの目が輝いていないのは・・・当然か。

企業でやるとパワハラで、自律神経失調症、うつ病になる社員も多いです。

中には自ら命を絶つ人もいます。

刑法上の名誉棄損、脅迫、傷害罪にあたりますので、当然・・・犯罪です。
民法では損害賠償の対象です。

この時代の子たちが現代に来たら、抜群の「理解力」でしょうね。
知識は今の子のほうがあるかもしれませんが、そんなのはすぐに吸収してしまうでしょう。

学校の勉強を家ではほとんどしないどんぐりっ子たちが、普通に賢いのも納得です。

難しい文章問題を解いているからだけではありません。
(日常生活で複雑な思考回路を十分につくれないから、その補填)

育て方が違うからです。

こういう時代だからと小学生に
●3DSを買い与える
●スマホを持たせる
●タブレットを持たせる
●毎日習い事をさせる
●外遊びよりも勉強を優先させる
●毎日テレビを普通に見せる

好んで親子の争いの種を増やすなんて、、、残念ですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

★入会をご希望の方へ★ ★限定記事について★ ★地頭を鍛える学習教室HP★