中学生の1割が不登校

シェアする

面白いニュースが流れてきました。

不登校傾向33万人、全中学生の1割 日本財団調べ

日本財団は12日、不登校の傾向にある中学生は全国で推定33万人いるとする調査結果を発表した。全中学生の10人に1人にあたる。文部科学省が把握する不登校の中学生は全国で11万人だが、調査では「年間に30日以上の欠席」とする同省の定義にこだわらず、保健室などに登校する生徒も含めた。日本財団の枡方瑞恵さんは「不登校予備軍の存在が初めて浮かび上がった」としている。

 調査は学校になじんでいない不登校の傾向にある中学生を把握するため実施した。同省の調査は中学校や教育委員会が把握した不登校の生徒数を集計したものだが、日本財団は中学生に直接、調査して実態や本音を探った。調査は10月にインターネットで実施し、6450人の中学生から回答を得た。

 同省によると、2017年度の不登校の中学生は10万8999人。全国の中学生は325万人であることから、日本財団は回答の割合から換算し、「1週間以上連続で欠席」は1・8%(5万9921人)▽「保健室や校長室に通う教室外登校、1カ月に5日以上の遅刻、早退などがある」は4・0%(13万703人)▽「基本的に教室で過ごすが、学校に通うことを苦痛に感じる(仮面登校)」は4・4%(14万2161人)――に上ると推計した。

 学校に行きたくない理由は「授業がよくわからない」が目立った。文科省は「家庭の状況」「友人関係」が多数としており、調査では異なる傾向が出た。

 調査のアドバイザーを務めた不登校新聞の石井志昂東京編集局編集長は「文科省の把握する不登校は氷山の一角。教室外登校のように形だけ学校につなぎ留められている生徒もおり、実態は深刻だ」と指摘した。【水戸健一】

引用元:https://mainichi.jp/articles/20181212/k00/00m/040/245000c



>学校に行きたくない理由は「授業がよくわからない」が目立った。

>文科省は「家庭の状況」「友人関係」が多数としており、調査では異なる傾向が出た。

それはそうでしょう。

あれだけの隠ぺい体質なのですから。

実態を調査すると、中学生の1割が不登校・・・。

先日聞いた長男の話からすると、なんだ平均的なんだなと思いました。

昔の言い方の方がよかったですね。

「登校拒否」

10人に1人が拒否をする、虐めは酷い、自殺者もでる、そろそろシステムが完全に崩壊するかなと思ってみています。

一旦崩壊しないと再生の動きをとらないでしょうからね。

文科省の発表はこの記事で触れています。

学校のいじめ最多 41万件




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

★入会をご希望の方へ★ ★限定記事について★ ★地頭を鍛える学習教室HP★