メディアの影響

シェアする

著しく違う

どんぐりの環境設定や自然保育の考え方で育てているデジタルメディアにあまり触れていない家庭の子どもは、4歳、5歳でも意思の疎通がかなりできます。

あまりしゃべらない子もいますが、こちらの言うことを理解して的確に反応してくれます。意思のキャッチボールが出来る状態です。

一方で、普通と言われる、テレビ、習い事、ゲームに小さい頃から親しんでいる子は、滑舌の良い子もいますが、一方的に言いたいことを言うだけで会話のキャッチボールが出来ない子が多いです。

この違いは顕著です。



小学校の低学年クラスに入ってもそう感じます。

これでは、よほど力のある先生でないと小学1年生クラスをまとめ、運営し、かつ学力を育てることは出来ないでしょう。

(学力は学校に期待する方が間違っていますけどね)

何しろ言葉が通じないのですから、全てをルール化し、作業手順を繰り返し、調教のような接し方になるのは無理のない話です。

しかも、それが高学年クラスを持てない力のない先生ならなおさらです。

クラス崩壊の恐怖から、常に叱り、常に注意し、常に指示をする。

誰が悪い?

多くの家庭だと思います。
小さい子にメディアを与えている家庭だと思っています。
就学前から習い事や勉強で遊ぶ時間を奪っている大人だと思っています。

しかし、そうじゃない家庭も少ないですがおりますし、我が家もその調教に巻き込まれるているのが嫌なので、学校に意見を言い、改善の提案をし、ボランティアに入っている訳です。

忙しいから、大変だから、

テレビやゲーム、スマホの育児を肯定する意見の方が多いでしょう、そういう意見の方を聞きたいでしょうが、所詮親が安心したいがための言い訳なので、子どもにはしっかり異常反応がでます。

この、調教のような学級運営と学習で一番被害が大きいのがどんぐりっ子や自然保育のゆっくり自分の頭で考える子どもたちです。目的や仕組みなど理解を伴わない高速の作業の反復に対応するには、「考えない」ということが求められるからです。だから対策が必要なんです。

後伸びするから大丈夫?

そんな時代ではありません。

後伸びする子

FBのこの記事に対していただいたコメントの一部を紹介します。

この投稿で、学級崩壊の理由が実感として分かって来ました。
春頃までテレビ漬けだった近所の子が、親の心境の変化か病院で何か言われたのか(よく病気をしてたので)、外で遊ぶようになって来たんですが、この子(3年生)との会話が結構難しいんです。モノの扱いが乱暴なのは、力加減のわからない子なのかな、ま、時々そういう子いるし。。。程度に思ってましたが、この投稿読んで、あ、これもあの子が最近まで家に籠ってることが多かったのが原因かもと、なんだか府に落ちました。

◎デジタルメディアに多数触れている家庭、触れていないこどものお話。

私たち保育士は、こどもの様子や目をみると、よくわかります。
1歳2歳でも、行動や言語の発達等がぜーんぜん違います。

賢い子に育てたかったら、高いお金払って習い事に行かせるより、テレビビデオゲーム無くす方が断然早いし上!

普段よりゲーム、TVに多く触れるのか、週明けの月曜日は荒れます。

ゲーム依存症

糸山先生がこの記事をシェアしていましたのでご紹介します。

ゲーム依存症が引き起こす「脳破壊」理性のコントロール鈍らせる

◎成長期に、仮想現実にいる時間は危険な時間になるんです。しかも、主体的に関わると、その破壊力は100倍にもなる。「ボ〜っと妄想(危険はない)<読書(時間に依存する)<<テレビ(週に2時間まで)<<<<<<<<TVゲーム(時間を人工的に支配されているもの)9歳までは完全に厳禁、12歳までは「家庭内厳禁」で、プラス「健全な外遊びを毎日確保する」ことで、原形思考回路が自然に出来上がる環境を提供できる。原形思考回路がないと、あらゆる面で支障が出てくる。

科学的に証明されていない、エビデンスがない、そういって目の前の現実をみない人がいます。世の中には科学的に証明されていない事の方が多いと思いますけど。

★入会をご希望の方へ★ ★限定記事について★ ★地頭を鍛える学習教室HP★

★千葉県の自然で遊ぶ★ ★宿題はいらない★ ★子育てコラム★


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村