先に出会ってほしい

シェアする

先に出会ってほしい

長男は年長の頃、どんぐり問題とベネッセの通信教育を並行してさせてしまいました。
(ちょうどどんぐりに出会った直後でしたので…言い訳(笑))

時間を取ってやらせることはしませんでしたが、勝手にやってしまっていました。

1年生の単元の先取りも含まれていたので、私の環境設定は失敗です。

次男は先取り学習を一切せずに(といっても幼稚園でひらがなはやっていたようです)幼稚園生活を終えました。

算数の式も「たす」「ひく」という言葉は知っていても、

「7+5=12」

といった数式は知らなかったはずです。多分…。

幼稚園で他の子がかいているのを見ていなければ…。

※幼稚園児に先取りで計算や漢字をたくさんさせると、お絵描きを楽しむときに漢字や数字を書いてしまう子がいますので、そういうのを見ているかもしれません。

そんな次男は年長の頃は週1問しかやってきていないので、週2問やっていた長男の半分程度の問題数しか消化していませんが、まぁそれなりに育っています。
(まあ、どんぐりっ子としては普通ですが…)

計算式を知らないからこそ絵を描いて考えるという「思考」にどっぷり浸れたのでしょう。

知っていると、どうしても身に付けた技を使いたくなりますので、かえって自由な思考を妨げます。

本当は小学3年生くらいまで、計算式は教えずに数の理解、各単元の準備学習に充てたいくらいですが、学校に通わせるのであればそうもいきません。

まあ、我が子のことはどうでもいいです。

もう守るすべは手に入れましたのであまり心配していません。

多少学校の影響でダメージを受けることはあるでしょうが、その時期もわかりました。

環境を整えて、子どもをよく観てリセットしていくだけです。

問題はほかの子たち。

「小さい頃は勉強よりも運動系の習いごとをさせたい」

というよくある家庭の一般的な子たち。

幼稚園:先取り学習

小1:足し算・引き算の計算問題

小2:掛け算九九の過剰な暗唱

「子どもは勝手に育つでしょう」

と、親がほったらかしの子たち。

幼稚園:ゲーム漬

小1:足し算・引き算の計算問題  +  ゲーム漬

小2:掛け算九九の過剰な暗唱  +  ゲーム漬

結構な子たちが、小2の3学期までに実感を伴わない反復学習で危険な状態になっているでしょう。

もちろん、家で意図的/偶然にリセット出来ている子は大丈夫ですが、

プラスでテレビやゲームのメディアの影響も受けていると…恐ろしい状態です。

こういう状態です。

対策はわかりやすいように絵を描いて理解することですが、たくさん問題を解かせればいいだろうと、実感を伴わない、イメージできない問題を大量に解かせて、ますます混乱させてしまいます。

おまけに学校で「絵をかいちゃダメ、指を使っちゃダメ」なんて言われます。

こんなひどい指導を受ける子たちも多いです。

小学2年生で、勉強がわからない道を一直線に歩むことになります。

いや、歩まされるですね。

子どもはもともと賢いのに、環境がその子を潰していきます。

どんぐりを始めればリハビリからのスタートですが回復します。

環境設定を真剣にやれば、回復も早いです。

環境設定をしなかったり、子どもがやる前になんでも口や手を出してしまうタイプの親だと

なかなか変わらなかったりもしますけど…。

話しを戻しますが、やっぱり

「式で問題を解く」ことを知る前に、

「絵で問題を解く」ことに出会ってほしい。

少しでも早く出会ってほしい

もともとテレビをあまり見せたくないから見せていない、テレビゲームも与えたくないから与えていない、勉強も大事だけれどもっと大事なことがあるから「勉強」「勉強」とは言っていない。だから家では学校の宿題だけさせている。

そんな家庭の子でも、

小1の足し算・引き算
小2の足し算・引き算の筆算、掛け算九九
小3の九九・穴あき九九・わり算・掛け算の筆算

の授業と宿題(ドリルで反復)だけで、小4に上がる時点では結構な確率で頭にもやがかかったように、自分で考えられなくなっています

※学校のテストは類題タイフーンのおかげでまだボロが出ていないケースが多いですね。

学校で計算カードや百ます計算でタイムを競わせている場合、小1の1学期が終わったらかなりの重傷です。

まぁそれでも、小学校に上がるまでの子育て環境が良ければ、入学後のマイナスの期間が半年~3年程度なので、12歳までの時間をかけて本来の賢さを取り戻していきます。

しかし入学までの子育て環境が・・・書くのも嫌なほど酷い(世間では普通らしいですが)ものなら、12歳までに3年~4年あってもマイナス期間が9年ですから、お母さんの本気度を確認しないで預かるとお互い嫌な思いをします。

同じ小4から始めても・・・ 違いますからね。
○○○○○○△△△ ○○○
△△△△△△××× ○○○
××××××××× ○○○

という訳で、やっぱりできるだけ早くどんぐり倶楽部に出会ってほしいなぁと思います。

http://reonreon.com/

就学前の子に3DSやらスマホ、タブレットを使わせている家庭にもどんぐり倶楽部に出会ってほしいですが、私は出会いたくありません。

幼児にスマホや3DSを持たせているのを見ると、もう『虐待』にしか見えないからです。
すみませんね、どうしてもそう見えてしまうのは仕方がありません。

学校から帰ると学校の宿題とタブレット学習(スマイル・チャレンジ)をやってから、テレビゲームで遊び、習い事に行って、テレビを見ながらご飯を食べ、食後もテレビとゲームが普通の生活なんて・・・頭の血管が切れそうになるので絶対にかかわりたくありません。

相談には乗りますが、ある程度生活を改めてから来てください。
限りある時間を割いていますので。

ブログをさかのぼって読んでから問い合わせをしてくれる方は話が早くて助かってます。

ちなみに
中1の長男は△△△△△△ ○○○○○○ △ 小4の次男は△△△○○○ ○○○◯
年長の三男は○○○○○◯

◎にしたいんですが、そこまで徹底できないところが我が家らしいかな。
★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村