福井県 中2生の自殺

シェアする

生徒会の役員をやるくらいだから、真面目な生徒だったのでしょう。
(内申点upの為の卑怯なアドバイスをした大人がいたかもしれませんが…)

忙しすぎる中学生、むちゃくちゃな質と量の宿題、度を超えた指導。

慢性的な長時間労働、無理難題のノルマとパワハラ上司。

似ています。

学力テスト上位常連の福井県、勉強させようとする圧力は相当なものがあったと想像できます。

他県は大丈夫?そうではありませんね。やっていることはどこも同じです。この子だけが特別弱い子だった?そうではありません。どの子にでも起こり得ることです。

中2が自殺、「教師の指導や叱責でストレス」 福井

福井県池田町教委は15日、町立池田中学校で2年の男子生徒(当時14)が今年3月に自殺したと発表した。担任と副担任から厳しい指導や叱責(しっせき)を繰り返され、精神的なストレスが高まったことが大きな要因だと結論づけた。内藤徳博教育長は「大変深く反省している。学校の対応に問題があった」と謝罪した。

町教委によると、生徒は3月14日午前8時ごろに登校後、姿が見えなくなった。校舎脇に倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。遺書とみられるノートがあったという。生徒は校舎3階の窓から転落したとみられ、町教委は4月、有識者らによる調査委員会を設置。ほかの生徒や遺族らから聞き取るなどして、生徒が死に至った背景などを調べてきた。

調査委員会の報告書によると、生徒は昨年10月以降、宿題提出の遅れや生徒会活動の準備の遅れなどを理由に、担任や副担任から繰り返し叱責を受けた。今年に入っても、役員を務めていた生徒会を辞めるよう担任から叱責され、副担任の執拗(しつよう)な指導も続いた。

報告書は「大きな精神的負担となるものであった」と指摘。指導に対し、生徒が土下座しようとしたり過呼吸を訴えたりしたことが「追い詰められた気持ちを示すものだ」とした。いじめが疑われる点もあったが、いじめによる自殺ではないと判断したという。

生徒はこうした指導などについての不満を家族に相談。家族から事情を訴えられた担任は、対応を約束したが、適切な対応を取らず、副担任と叱責を繰り返したという。

生徒の自殺について、町教委は15日夕、保護者への説明会を開いた。その後、記者会見した調査委員会の松木健一・福井大大学院教授は「叱責を繰り返したことは指導の範囲を超えていた」と述べた。

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASKBH73FFKBHPTIL010.html

「聞いた人が身震いするくらい怒られていた」 中2自殺

福井県池田町で自殺したとされる中学2年の男子生徒は、担任や副担任から再三しかられ、「死にたい」と漏らしていた。町教委は15日、有識者らでつくる調査委員会の報告書を公表。生徒が逃げ場を失い、追い詰められていく状況が詳細につづられていた。

中2が自殺、「教師の指導や叱責でストレス」 福井
「改めて亡くなられた生徒さんのご冥福を祈りますとともに、遺族の方々におわび申し上げます」。15日夜に池田町内であった記者会見で、内藤徳博教育長や堀口修一・池田中学校長らは深々と頭を下げた。

会見では16ページの調査報告書の概要版が配られた。内藤教育長は学校の指導体制に問題があったと認め、「生徒の特性を見極めていきたい。二度と繰り返さぬようにしたい」と述べた。

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASKBH7QRNKBHPTIL01D.html

福井中2自殺、叱責で過呼吸や土下座も 報告書「逃げ場のない状態に追い詰められていた」

福井県の池田町立中学校で3月、担任らからの厳しい指導を受け、2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、叱責を受けていた際に生徒が過呼吸の症状を訴えたり、土下座しようとしたりするなど精神的に追い詰められていたことが分かった。

町教育委員会の報告書によると、生徒は生徒会の副会長を務めていたが、昨年10月、参画していたマラソン大会の運営で担任から校門前で準備の遅れを怒鳴られ、目撃した生徒は「身震いするくらい怒鳴られていた」と証言したという。

11月には、宿題を忘れた理由を、生徒が生徒会や部活動としたのを、副担任が注意。「宿題ができないなら、やらなくてもよい」とすると、生徒は「やらせてください」と土下座しようとしたとしている。

生徒は母親に「僕だけ強く怒られる。どうしたらいいのか分からない」と泣きながら訴えて登校も渋ることもあり、母親が副担任を変更するように要望したこともあったという。

だが、今年に入っても生徒会活動に関し、担任から「お前やめてもいいよ」と大声で怒られ、自殺前日の3月13日には宿題の提出ができないことを副担任に問われ、過呼吸を起こした。

過呼吸の際、事情を聞いた担任は自身で解決可能と考え、家庭や校長に報告しなかったという。報告書は「担任、副担任とも生徒の性格や気持ちを理解しないまま大声での叱責や執拗な指導を繰り返し、生徒が逃げ場のない状況に追い詰められた」としている。

引用元:http://www.sankei.com/west/news/171016/wst1710160043-n1.html

「同じ課題を何回も」 福井中2自殺、遺族が訴え

福井県池田町立中2年の男子生徒(当時14)が自殺した問題で、生徒が担任や副担任から英語や漢字の同じ課題を何回も与えられたと遺族が町の調査委員会に訴えていたことが16日、調査委の報告書で分かった。担任らは否定しているという。

また自殺の翌日に校長が遺族と会った際、持参した生徒のかばんに遺書らしきノートをたたきつけるなどし、家庭に問題があるかのような態度だったと遺族が調査委に話していたことも判明。学校ぐるみで対応に問題があった可能性がある。

報告書は、担任らの指導に疑問を持つ教員もいたとして、校長らが実情を調査すれば指導方法の変更に結びついた可能性があると指摘。担任は上司や同僚に詳しい報告をするなどの問題解決に向けた行動を取らず、校長や他の教員も生徒の気持ちを理解し適切に対応しなかったとした。

母親は「(自殺の原因は)教員によるいじめだと思っている」と話している。

報告書によると、生徒は昨年5月以降、登校を渋ることが3回あった。生徒は「副担任が宿題未提出の理由を言い訳だと聞いてくれない」「僕だけ強く怒られる。どうしていいか分からない」などと母親に泣きながら訴えたこともあった。

自殺前日の今年3月13日には、課題の未提出を巡り、副担任に責められた生徒は過呼吸の症状を訴えたが、担任は家庭に連絡しなかった。

自殺した生徒が校門の前で担任に大声で怒鳴られる様子を目撃して「(周囲の人が)身震いするぐらい(担任が)怒っていた。かわいそうと感じた」と話している生徒もいるという。

遺族は、生徒が自殺した3月14日、病院を訪れた校長や教員が目を合わそうとせず、冷たい態度だったとも話したといい、報告書は「遺族に対する学校の対応には慎重さや誠意が欠けており、(自殺後の)初期対応を誤った」と指摘した。〔共同〕

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22324330W7A011C1CC1000/

福井中2自殺 副担任、小学校でも接点、遅くまで居残りさせる アンケで「執拗で弁解許さない」

福井県池田町立中2年の男子生徒=当時(14)=が自殺した問題で、生徒に厳しいしっ責を繰り返した副担任が、生徒が小学6年の時にも同じ小学校に在籍し、遅くまで居残りをさせたことがあったことが17日、町の調査委員会の報告書で分かった。

中2から副担任となり、生徒が「副担任が宿題未提出の理由を言い訳だとして聞いてくれない」と訴えたことなどから、母親は副担任を代えてほしいと求めた。担任は「僕から副担任にちゃんと言っておきます」などと応じながら、副担任と協議したり、上司や同僚に詳しい事情を報告したりしなかったという。

報告書によると、生徒は小6の時、家庭科の講師だった副担任にミシンがけで残らされ、帰りのバスに間に合わなかったことがあった。生徒は悪印象を持っていたことから、中2の1学期には「副担任は嫌だ」と家族に話していたという。

その後、生徒は「副担任は何を言っても言い訳と決めつける。どうしていいか分からない」などと訴え、今年3月までに3回、登校を渋ることがあった。

問題を受け、調査委が生徒や保護者に行ったアンケートや聞き取りでは、副担任の指導について「執拗で、弁解を許さず、追い詰めるような感じ」「ねちねちした感じ」と不満を述べる意見が多かったという。

引用元:http://www.sankei.com/west/news/171017/wst1710170009-n1.html

校長「トラブルなかった」保護者説明会で

福井県池田町の町立池田中学校(生徒数40人)で今年3月、2年の男子生徒(当時14歳)が校舎から飛び降り自殺した問題で、直後の保護者説明会で校長が「トラブルはなかった」という趣旨の発言をし、遺族の抗議で改めて説明会を開き、不適切な指導を認めていたことが分かった。遺族は取材に「どうしても納得できなかった」と話し、学校側の事後対応の不誠実さが明らかとなった。

遺族や学校関係者によると、当初の保護者会で校長は、男子生徒への指導や周囲との人間関係などについて「問題はなかった」という内容の発言をした。

しかし、男子生徒は母親らに副担任からたびたび強い叱責を受けていたことを打ち明け、母親も副担任の交代などを学校側に申し出ていた。出席者を通じて校長の発言を知った母親は「(息子は)副担任が嫌だと言っていた。(校長は)うそをついている」と感じたという。

その後、町教委は有識者による調査委員会を設置すると決定。母親は町教委に「校長の発言を訂正してからでないと設置に『はい』とは言えない」と抗議し、杉本博文町長にも同様の要請をした。5月に改めて保護者会が開かれ、校長は発言を修正して指導や学校の体制に問題があったことを認め、「報告がなく知らなかった」と釈明したという。

調査委によると、担任は男子生徒が登校を渋った今年2月に家庭訪問した後、校長らに副担任の指導が「生徒の気持ちをくんでいない」などと報告していた。一方で調査委は、管理職や、叱責を目撃するなど事情を知っていた同僚教員らとの情報共有不足などを指摘した。【立野将弘、大森治幸】

引用元:https://mainichi.jp/articles/20171017/k00/00e/040/181000c

いじめが疑われる自殺で、最初からいじめの疑いがあると言った管理職や教育委員会があったか・・・調べてみないとわかりませんが、記憶にはありません。
 
大抵は否定しますね。
 
ということは、大抵の学校はそういう体質だってことです。

全国学テ、福井が10年連続上位

文部科学省は28日、小学6年と中学3年の全員を対象に4月に実施した2017年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。都道府県別に公立校の各教科の平均正答率をみると、福井県は中3の国語Aと数学A、Bが全国1位だった。中3国語Bと小6算数Bは2位、小6算数Aは3位、小6国語A、Bは4位だった。福井県教委は「10年連続で全国トップクラスを維持した」とした。

テストは国語と算数・数学の2教科。ともに基礎知識を問うA問題と知識の活用力をみるB問題が行われた。17年度は国公私立の小中計約3万校の約203万7千人が参加。文科省は平均正答率について過度な競争をあおらないようにと今回から小数点第1位を四捨五入し整数値で公表した。

福井県内では271校(公立267小学・中学、国立1義務教育学校、私立3中学)の計1万4076人が挑んだ。内浦中は対象の3年生がいなかった。

福井県の中3の平均正答率は、国語Aは初の全国1位で82%(全国77・4%)、2位の国語Bは77%(同72・2%)で、ともに前回の4位から順位を上げた。数学Aが73%(同64・6%)で10年連続、数学Bは54%(同48・1%)で5年連続の1位。

小6は算数Aが82%(同78・6%)で、前回1位から順位を二つ下げた。算数Bは51%(同45・9%)で前回3位から一つ順位を上げた。国語Aは78%(同74・8%)で二つ上昇、国語Bは60%(同57・5%)で一つ順位を下げた。

福井県教委は今回の結果について「全国学力・学習状況調査の結果や、12月に県教委独自で行っている学力調査(SASA)から課題を分析し、授業改善につなげている成果が今回の好結果につながった」とした。

都道府県別の平均正答率の上位は福井や秋田、石川、富山などが占める固定化が継続。教育行政の権限拡大に伴い今回から公表された政令市は20市の半数以上が、国語、算数・数学の各教科で全国平均正答率を上回った。

一方、全国の平均正答率は各教科とも基礎的なA問題より活用力をみるB問題が5・2~32・7ポイント下回った。資料に基づいて考えを書く問題の正答率が低いなど例年と同様の課題が示された。

福井県内の市町別成績については、県教委は公表せず、17市町教委に判断、対応を委ねる方針。

引用元:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/231808

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村