つぶやき

シェアする

6年生を送る会

6年生を送る会、楽譜も読めない長男が合唱の指揮をしました。

4年生の時の合唱祭で、カントリーロードの歌い出しをソロでやると聞いていた時よりは安心して見ていられました。

練習中は先生に見えないからと、変顔やオーバーリアクションで友達を笑わせていたそうですが、本番では封印すると言っていました。

「え~やっておいでよ~ 面白いじゃん!」

と言いましたが・・・やらないという判断をしたようです(笑)

友人の高校時代の「指揮」を思い出しました。

ちなみに、我が家の音楽教育は・・・なし。小4の頃吹奏楽部に入り、楽譜が読めなくても出来るからとパーカッションを担当したくらい。

当たり前の反応

●みんなやってないのになんで私だけこんなのやんなきゃいけないの。
●なんで絵なんて描かなきゃいけないの。
●学校では絵なんかかく必要ないもん。
●こんなの学校で習わない。
●嫌なのになんでやらせようとするの。
●学校の勉強ができているんだからいいじゃん。
●難しいから嫌。
●習ってないのに出来ないと怒るなんておかしい。

環境設定(特に宿題制限)をしないでどんぐり式の学習だけプラスされた子がよく思う(言う)こと。

ごもっとも。

テレビやゲームで釣っちゃだめですよ。

※もちろんそうじゃない子もいます。つまらない宿題はちゃっちゃと片付けて面白い「考えさせる問題」を楽しむ子も。
でもおススメはしません。出来てもさせないほうがいい。

先生に任せる

小学校の勉強を、家庭や学習教室で全部教えようとするのは・・・大変だと思います。

子どもの理解力を高めて(潰さないで)おいて、学校の先生におまかせするのが楽ちんです。

中学以降、学校の授業に比べて塾がもらう時間は圧倒的に少ない訳です。すると当然パターン学習の演習時間が足りないので塾も宿題をだします。

すると、塾の宿題と学校の宿題で睡眠時間が削られて、学校の授業でうとうとすることになります。

さらに部活、スマホ、SNS、オンライゲーム・・・。

慢性疲労で頭の働きはさらに低下し、体にも疲労が蓄積します。

実際過労で倒れた卒業生がいます。

学校で教わるという大前提を忘れた家庭が多いような気がします。

おかしいよなぁ

※先生の授業の質が低いという指摘をする方もいるかもしれません。私もそれは否定しませんが、少なくとも家庭できっちり理解力を育て、準備学習(体験)をしておけば、それでも十分に学校の授業内容は理解してきます。

まずはやるべきことを家庭でやるべきでしょうね。

心が破れる

年長さんからみていた1年生達が去年入学して数ヶ月以内に、7人中6人が泣いて学校に行くのを嫌がるようになりました。

自分ではなく友達が叱られる、怒鳴られるのが怖いと。
泣いている友達を慰めたら注意され、忘れ物をした友達に貸したら注意され、徹底管理の異世界にパニックになりました。
うちの教室で座っていられなくなった子もいました。

1人だけ優しい叱らない先生で、学校が楽しいと。

支援学級・学校へ押し出される子どもたち

小学1年生の秋になり母親に訴えた。

「こころが破れる」

カズキくんは教室の騒々しさや児童同士のいざこざが絶えないように感じられる日常に耐えられなくなったというのだ。

引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/119350

メディアについて

長男が4年生の時、保護者会で先生が「テレビ・ゲーム機・ネット」について、知らない人と実際にやりとりとして・・・、出来るだけ少なく・・・とオブラートに包んだように話をした後、

「金森さんのお宅では、どのようなお考えですか」

と振られました。我が家の環境設定は伝えており、話してほしいようでしたのでやんわりと、

「うちは、テレビは週に3時間、ゲーム機は持たせていません。ネットも子どもには使わせずに、必要なら親が操作して必要なところだけ見せます。メディアを遠ざけているのは、子どもが成長するのに必要な実体験の時間が減るからです。仕事がら、子どもが外で遊ぶこと、体を使って遊ぶことが大切だと知っているので、その邪魔になるメディアは遠ざけています。」

というような話をしたら、うんうんと頷いてくれる方、苦虫を潰したような顔をした方、それぞれでした。

備えあれば憂いなし

20代の頃、自然渋滞で止まったら後ろから来た車に追突されたことがあります。バックミラーで見ていたら、運転手も助手席の人も横を向いているのが見えたので、直前で衝撃に備えました。
車はそれなりに破損しましたが体はまったくの無傷、無影響でした。

先日、ソファーの座る部分に寄りかかって座っていたら、遊びながらソファーに駆け上ろうとした三男の膝が頭にあたりました。最初は軽い寝違え状態でしたが、翌日から首が痛くなり左側にはピクリとも回らず、夜寝るだけでも激痛が走るようになりました。むち打ち状態です。痛みのピークは4日後、だいぶ良くなってきたと実感したのが1週間後、ほぼ気にならないほど治ったのが2週間後。

この違いは、衝撃に備えたか備えなかったかが大きいと思います。
(年齢もあるかな…)

気持ちが悪くなる記事でも読んで備えてくれればありがたい。
メールで頂いた感想の一部。

早速二つ読ませてもらったのですが、、、気持ち悪くなってきました。。
(太宰治の『人間失格』を読んだ後のような、後味の悪さを思い出しました。。)
現実を知って、淡々と対策を練り、実践するだけですね。

発達障害ビジネス

”発達障害”をターゲットにしたビジネスが盛んです。

私は素人なので下のようなアドバイスしかできません。それでも1ヶ月もすれば大体改善し、どんぐり式の学習をプラスして数年経つと、たくましく、賢い子に育ってきて、なぜか周りの子の親たちが ”うちの子学習障害かしら” と騒ぎ出します。

変な薬も飲ませないし、変なトレーニングもしないのに。

●親は、怒鳴らない、急かさない、否定しない、命令しない。
●勉強(宿題も)制限
●高速計算・反射学習は厳禁 (計算プリント、算盤、フラッシュカード・暗算等)
●ゲーム機、テレビ、ネット等のデジタルメディアに触れる時間をゼロに近づける。
●習い事もゼロに近づけ、のんびりした毎日を心掛ける。
●外遊び・自然の中で遊ぶ時間を増やす。
●学校は行きたくない時は行かなくていい環境にする
●スナック菓子、清涼飲料水、菓子パン、その他添加物たっぷりの食品をやめる。
●砂糖を減らす。


メディアの影響

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村