糸山先生のFB記事

シェアする

習い事や塾や私立に通わせる分の費用を全て、子供の18歳の成人式の支度金ように積み立てておくようにしたら、どんなにか有意義に使えるかを考えてみてもいいだろう。

ただし、思考力養成には、どんぐり倶楽部を使う事だ。でなければ、豊かな感情と高度な思考力を同時には育てられない。しかも、ほぼ無料でね。オマケだが、親子関係なども劇的に改善する。

もちろん、そんなものいらんわい。と言える家庭もある。いつの時代にも、時代におもねらず、家庭教育が伝統的に健全に成り立っている家庭もあるからだ。そういう家庭では、まず「反抗期」はない。これは家庭の健全度を測る物差しとなり得るものなので参考にする方がいい。

上記のような家庭でなければ、この教育環境が極度に悪化してしまった日本では、確かな指針がなければ、偶然に頼る事は、ほぼ自殺行為に等しい。
子供にとって有意義な関門となるものは、時期的に考えても、12歳、15歳、18歳である。この3回の関門をうまく使えるようにするには、関門がある事を予め伝えておき、覚悟を持って臨ませる事だ。18歳以後は、社会的な要素が大きく占めるので、一概には年齢だけで規定するのは難しい。

⬛️12歳ー守る事を卒業する。12歳までは、理不尽なストレスからは守ってあげるが12歳以降は自分でストレス回避の工夫をする事。→小4くらいから「自動宿題しますマシーンは小学校までで終わりでーす」宣言をしておく。と9歳の誕生日に伝える。

⬛️15歳ー義務教育が中学で終わるので、仕事についてもらうのが原則です。就職する代わりに高校へ行きたい場合は、その旨、親にお願いをして理由を説明して説得し許可してもらわなければなりません。と12歳の誕生日に伝える。

⬛️18歳ー成人式を行い支度金を渡し、経済的に独立します。従って、18歳以降は、全て経済的な管理も自分でする事になります。と15歳の誕生日に伝える。

⬛️24歳ー社会的な立場をどう迎え、どういう生き方をするのかを決定する。6年かけて自分の生き方を決める。最初の大きな決定=First Great Decisionを行うのだ。と18歳の誕生日に伝える。

◎2歳から12歳までの10年教育が非常に重要な理由

10 years’ education from two to twelve.

日常生活という人生そのものを楽しむ練習、味わう快感を基礎回路として育てておかなければ、大人になってからも自分の人生を心の底(具体的には幼児・児童期に保育された基礎回路を使う経験にリンクされた感情や感覚)から楽しみ、そして味わう事は、物理的に不可能となるからだ。

人生は0-2歳の 2years’ first term で決まる。大抵の場合は、ぐうぜんだが、母性本能の下に、赤ちゃんなりの人生を楽しみ生活を味わう事で、大人になった時の楽しみや味わう事も保証されるのだが、次のtermである10years’ 2nd term で、基礎回路を上書きされてしまい、目標を失ってしまうのだ。従って、人間の成長を強固に完成させるには、子育てと教育が渾然一体となる10年間が非常に大切になる。

*本当の基礎学力とは
「深い読解力」
「深い思考力」
「深い感味力」
を保育することです。
それ以外の事はしないで欲しい。
*基礎を「簡単なこと」と思っているとお先真っ暗ですよ。
————————-
<2014.06/02の電話相談の記録>
*莫大なお金をつぎ込んで通学させている私立小学校で、毎日子供の才能を潰されているかと思うと、本当に悔やんでも悔やみきれません。

超有名私立小学校在籍中の保護者との電話内容から。
読解力養成の根本的な勘違いを修正して欲しい。
どんなにたくさんの本を読んでも読解力は育ちません。

<読解力養成の前に>
●言葉とは何か。
●分かるとはどういうことか。
●理解するとはどういうことか。
●読解力とは何か。
●思考力とは具体的にどうすることか。

どれ一つとして答えられない先生に、<読解力養成>は不可能です。そんな先生に限って「本を沢山読みましょう」なんて、無意味なことを言う。

どんぐり倶楽部は、上記の質問に対する具体的な答をすべて公開していますし、育成方法も公開しています。

ネットで検索用語を
<どんぐり倶楽部 早期教育>
<どんぐり倶楽部 言葉とは>
<どんぐり倶楽部 分かるとは>
<どんぐり倶楽部 理解するとは>
<どんぐり倶楽部 読解力とは>
<どんぐり倶楽部 思考力とは>
として検索して下さい。誰でも、
上記の答えをご覧になれます。

*今回の結論は、丁寧に「絵コンテ読解」をする。でした。

学校がもっとも力をいれるべきことは、外遊びの奨励と、その緊急性である。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村