ユーチューブ

シェアする

小学生がユーチューブを見るのが当たり前になってきていますね。

学校でも合唱の伴奏や授業で見せることがあるようです。

使い方によってはとても便利です。

私も良く使います。

テレビの番組と同じ感覚

最近はテレビの番組と同じような感覚で見ている子が多いですね。

よく聞かれます。

「ユーチューブ好き? 何が好き?」

私は「音楽をよく聞くよ」と言いますが、子どもたちの何がというのは、誰のチャンネルが好きかという事のようですね。

子どもたちはどんなチャンネルが好きなのでしょうか。

見てみますか? リンク先の個々の動画を見てくださいね。

はじめしゃちょー

HikakinTV

HikakinGames

SeikinTV

PROWRESTLING SHIBATAR ZZ

ニコニコ生放送

ユーチューブにはニコニコ生放送の動画もUPされています。
とても小学生には見せたくないような・・・そんな動画もたくさんあります。

ドローン少年もニコニコ生放送の配信者の1人ですね。

暴力動画

後は、暴力ですね。

イスラム国の日本人殺害予告の時、長男のクラスでは「今日はそっこ~家に帰ってユーチューブ見ないと!」と一大イベントでした。

検索次第で、残酷な動画、暴力的な動画が簡単に見つかります。

ユーチューブなど、まだましで、海外のサイトは無法地帯です。

普通に人間なら正視に耐えない動画が野放しです。
さすがにリンクは貼りませんが、1時間も見たら心がおかしくなるでしょう。
私は見たことがありますが、数十秒で止めました。

そんなサイトを、ご丁寧にヤフー知恵袋で教えている人がたくさんいます。

そういう時代なのだということをお忘れなく。

子どもに自由にネット接続の機能を持ったツールを渡すということは、とても恐ろしいことだということをお忘れなく。

そして、子ども時代は好奇心の固まりで、危険と言われても、有害だと言われても、怖いもの見たさで引き寄せられてしまうものだということもお忘れなく。

調べもの学習でインターネットを使うからと、制限も掛けずに好きに使わせて良い代物ではないということをお忘れなく。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村