早めの対策を

シェアする

計算方法を知らない年長さんが、足し算の問題・引き算の問題・掛け算の問題・わり算の問題、その複合問題を絵図の操作で解く。

それしか知らないし、それが考えるということだから。

しかし小学校で足し算を習い、引き算を習い、掛け算を習い、割り算を習い、その複合問題を習い、視覚イメージに再現することなく式で答えを出す訓練を積むと、

「わからない」「これ何算?」と言い出す。

ただでさえ学校でやるのは殆どが計算問題で、たまに出てくる簡単な文章問題さえ「わからない」で考えようとしない。

賢かった幼稚園~低学年時代からするとありえない退化。

学校に通って勉強すれば「賢くなる」とばかり思っていると避けられない落とし穴。

どんぐり倶楽部の学習は年長さんからがいい。
でも知っておくのは早い方がいい。

計算式で解くことを刷り込まれ、「考える」ということを拒絶するようになってからだとリハビリがかなり大変。

さくらんぼ計算が出来るようになった~
百マス計算の記録が伸びた~
九九がスラスラ言えるようになった~

そんな頭を使わなくなる訓練が出来るようになったからって喜んでちゃだめだ。電卓を目指している訳じゃないんだから。

過半数以上の家庭では

『高学年になればわかること』

でも高学年になる前に理解して対策を立てることをお勧めします。

高学年になればわかること

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村