「文章問題が苦手」という魔法の言葉

シェアする

便利な言葉

【文章問題が苦手】というのはとっても便利な言葉です。

しかし、

そもそも文を読めない

言葉の意味が解らない

読もうとしても頭が拒絶する

文章が何を言っているのかわからない

読んでも考えることが出来ない

読んでも考えることを頭が拒絶する

数字しか目に入らない

数字を見るととりあえず意味のない計算をし出す

こういったことは単に勉強が出来ないという問題ではなく、
人間育ての根幹にかかわる問題です。

読み違えや計算間違いなら微笑ましい限りです。

でも、ありえないことを当たり前のようにやる子たちが半数を超えています。

12個から3倍を引いても9個にはなりません。

500円持って買い物に行っても3万円のお釣りはもらえません。

36人のクラスでは、何人風邪で休んでも39人は出席しません。

4時30分に30分はかけられません。

文章問題が苦手

完全な教育の失敗を、子育ての失敗を隠してくれる言葉です。

本来は

「文章を全然読めていません」

「説明の言葉も理解できません」

「自分で考えることが全然できません」

と伝えなければいけません。

【文章問題が苦手】で片づけてはいけません。

トラブルや問題は早期発見、早期対策が仕事では基本です。

テストに出る文章問題のパターン学習(類題タイフーン)で対処してはいけません。

パターンにない問題は同じようにわからないからです。

「合わせて」「全部で」はたし算

「残りは」「違いは」は引き算

なんて指導をしているすべての指導者は、自分が何をしているのかよく考えてほしいです。

「は(やく)、か(んたんに)、せ(いかくに)」とただ答えが出るやり方(公式)を子ども達に仕込んでいる指導者も同じです。

何年も勉強を教えてきて、どんな子ども達を育てているのか、目の前の子ども達を見ればわかるはずです。

家庭学習が足りないからでは断じてありません。

家庭学習がゼロでも、学校なら通常授業内で、解き方を知らない文章問題が出ても自力で答えを探す力を育てることは出来ます。

しかもかなり簡単に。



家庭で育てる

学校がやらないのなら家庭で育てるしかありません。

奇妙な計算1

奇妙な計算2

奇妙な計算3

これはどんぐり問題で奇妙な計算をする事例ですが、、、これはまだましですね。

お子さんのクラスでは学校の簡単な文章問題でも同じことがおきているはずですよ。

でもね、学校ではみんな消しゴムを使いますから、おかしな計算はすべて消えてなくなります。そして正しい式と答えを書いておしまいです。

子どもたちの全然理解していない奇妙な計算は、普段の学習では消しゴムで、テストでは類題タイフーンで隠されています。

だから学校の先生と親の危機感にはものすごい開きがあります。

隠せなくなる小4あたりから、我が子の悲惨な状態に気がつく親が増えて焦って塾に通わせだします。
もともと子どもをよく見ていないので、その選択も目先の対処療法に過ぎないことなど思いもしないのでしょう。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

  1. minxdon より:

    いつも興味深く拝見しています、ありがとうございます(^^)
    先日、学習者が算数・数学のどこでつまづくか専門家の意見を表にまとめたサイトを発見しました。
    「誰もがどこかでつまずいた→小学校の算数から大学数学まで126の難所を16種類に分類した 」http://readingmonkey.blog45.fc2.com/blog-entry-626.html

    「(8)説明文や問題文の意味の理解」に関しては、まさにこの記事の内容そのものですが、”つまづき”という言葉もまた魔法の言葉で、その裏に隠れている根本的な問題を解決しないと、日本の歴史が続く限り同じところでつまづき続けるのでしょうね(^^;
    親もそして学校の先生方でさえも教育の失敗の被害者であり、
    ほとんどの人がそれに気づかず、被害者を生み出し続ける国家戦略的?構造。。根が深くて怖すぎます。

    • jiatama より:

      minxdon さん

      >”つまづき”という言葉もまた魔法の言葉で
      これも確かに抽象的な魔法の言葉ですね。

      よろけただけの子、転んで脳震盪を起こしている子、けがをして血がダラダラ出ている子、みんな”つまづき”でくくれます。

  2. だるま より:

    いつも勉強させていただきありがとうございます。

    「文章問題が解けない。」まさに、読み聞かせの会の先輩お母さんたちの言葉。
    共通の悩み。そして、どうして解けないのかわからないという言葉。
    衝撃でした。「本を読む子供たちなのに、文章問題が解けない?」

    勉強しなかった私にとって、計算間違い当たり前。漢字読めるけど書けない。
    算数の文章問題大好き。だって、言葉がわかれば解けるのだから。
    そう、少なくとも本を読めるのに算数の文章問題がわからないということは
    あり得ない。「母国語だよね?」

    文章問題が解けないのが普通な時代。
    現在小学2年生の娘の宿題。算数の宿題に文章問題を毎回、何問もだしてくる。
    先生、あるいは学校は確信犯ですね。
    練習して、文章問題を一応見た目、テストは解けるように取り繕おうとしている。
    練習しなくても、解けるのが当たり前な問題を。

    異常です。異常が当たり前になっている。
    「今の子は文章問題が苦手だから・・・」
    少なくとも教育家がそんな適当なことで、私でも異常だと気付くことをごまかさないで
    欲しいです。
    少なくとも、本気でどうしたらいいか模索してほしい。
    保護者と相談してもいい。
    他の小学校の勉強については言及しない。字が汚くても、漢字が書けなくても、
    計算ができなくても・・・
    算数の文章問題は当たり前に解ける状態でないと・・・
    たとえ学校というシステムがどうであろうと、
    そこは先生と呼ばれる立場の人たちが本気で
    向き合わなければならないのではないでしょうか?
    人を育てているのです。

    • jiatama より:

      だるまさん

      >「文章問題が解けない。」まさに、読み聞かせの会の先輩お母さんたちの言葉。
      >共通の悩み。そして、どうして解けないのかわからないという言葉。
      >衝撃でした。「本を読む子供たちなのに、文章問題が解けない?」

      もう耳にタコですが、「読書させましょう」…それでも文章問題が解けない子がこれほど多いのですからね、迷信に頼った助言はもうやめたらいいのに。

      「そろばん神話」と同じくらい「読書神話」がまかり通っていますからね~なかなかそこから脱却できないですね。

      異常だから、異常だと言い続けています。
      異常だという人がもっと増えたらいいなと思います。

  3. だるま より:

    本当にそうですね。
    私も当たり前に「異常だ」と言い続けたいと思います。
    あまりに長いコメントになり、一度消去したのですが・・・
    (結局、コメントしてしまいました。)