第二の人生

シェアする

子どもに勉強をさせる時、「ここで頑張れば○○だから」という言葉をかける親が多いのではないでしょうか。

就学前の子には「ここで頑張っておけば小学校に入学してから楽だから。」

低学年の子には「ここで頑張っておけば高学年で困らないから。」

高学年の子には「中高一貫校なら高校受験がなくて楽だから。」

「私立に行っておけば大学受験が楽だから。」

中学生には「ここで頑張れば高校に入ったらゆっくりできるから。」

高校生には「ここで頑張って大学に入れば自由な時間が増えるから。」

大学生には「安定した企業に入れば安心だから」

「公務員になれば安定しているから」

その通りになっている人のほうが少ないのではないでしょうか。

非正規社員の人は「正社員になったら」

子育て中の人は「子どもが大きくなったら」

働き盛りの人は「定年したら第二の人生を…」

いいえ、人生に第二も第三もありません。

第一の人生しかありません。



これは、ネットでよく見る人生を終える時に人が後悔することだそうです。

~人が人生を終える時に後悔する20の項目~

①他人がどう思うか気にしなければ良かった

②幸せをもっとかみ締めて生きるべきだった

③もっと他人のために尽くせばよかった

④くよくよと悩まなければよかった

⑤家族ともっと時間を過ごせばよかった

⑥もっと人に優しい言葉をかけていればよかった

⑦あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった

⑧もっと時間があれば・・・

⑨もっと思い切って冒険すればよかった

⑩自分を大切にすればよかった

⑪他人の言う事よりも自分の直感を信じればよかった

⑫もっと旅をすればよかった

⑫もっとたくさん恋愛をすればよかった

⑭もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった

⑮子どもたちに好きな事をさせてやればよかった

⑯言い争いなどしなければよかった

⑰もっと自分の情熱に従うべきだった

⑱もっと自分のために頑張ればよかった

⑲もっと自分の本音を言うべきだった

⑳もっと目標を達成すればよかった

自分自身もそうですが、子どもにこのような思いをさせたくはありませんよね。

勉強も楽しめる、受験も楽しめる、困難も楽しめる、変化の激しい時代にその変化すら楽しめる、自分が変わることを楽しめる、そんな子に育てましょうよ。

だから、どんぐりなんですよね。

学校の勉強でいい成績をとることなんておまけなんです。

楽しそうな子、いつも面白そうな子、そういう風に育てましょうよ。

さらにおまけとして、賢くなるからそれはそれでありがたく頂戴して。

だから親が人生を楽しんでいる姿を見せてあげましょう。

毎日が楽しい、子どもといる時間が楽しい、家族といる時間が楽しい、趣味が楽しい、仕事が楽しい(これはちょっと難しいかも)、生きていることが楽しい、そういう姿を見せてあげましょうね。

私が個人的に心がけているのはこんな感じです。

後悔しないために、毎日を精一杯、自分に正直に生きる。
息子たちにそう生きてほしいから、そう生きることにしています。

お金をもらってもやりたくないことはやらない。
お金をもらえなくてもやりたいことをやる。

組織や世の中の倫理観ではなく自分の倫理観で生きる。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★  ★限定記事(パスワード)について★




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村