「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

シェアする

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」  を地で行く現代子育て事情。

幼児がテレビやDVD、未就学児~児童がゲーム機、スマホ、ネット三昧。

そうかというと、外で遊ぶ時間を削られて塾通い&家庭学習漬けの子たち。

土日は楽しむことより勝つことを叩きこまれる子たち。

「外で子どもたちだけで遊ぶ」という環境をつくらずに「室内で大人が遊ばせる」「外で大人が指導する」ことで良いことをしたと満足する大人たち。

朝活と称して朝から勉強。

単純な四則演算の徹底反復。

義務教育の内容に躓いて塾通い。

21時過ぎにうろうろする塾帰りの小学生たち。

22時過ぎにうろうろする塾帰りの中学生たち。

子どもたちから笑顔が消えている。

大学受験までは人権などない子どもたち。




赤信号で自分がはねられるなら構わないが、歩かされているのは子どもたち。

そして思い通りに育たなかったら、

「生まれつき頭が悪いから」

「学習障害、発達障害かしら」

「努力が足りないのよ」

「私の言うことを聞かないからよ」

「あの先生のせいで勉強嫌いになったのよ」

「専門機関で診断、投薬、薬漬け」

「いじめ、不登校、自殺」

「切れる優等生たち」

みんな渡っているから、渡らせるのも渡らせないのも自由。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村