毒の飴玉

シェアする

明らかに問題あり

「これをなめると健康になるんですよ。」
と言われて飴玉を子どもに舐めさせたら、

30人中 5人が「美味しい」と言った

30人中 5人が「変わった味」と言った。

30人中 10人が舌がしびれて「うぇ」と吐き出した。

30人中 10人が頑張って飲んだら「お腹が痛い」と訴えた。

これはどう考えても「飴玉」に問題がある。

でも「計算ドリル・プリント」になると

「頭が痛い」

「頭が割れる」

「頭がおかしくなる」

「もうやだ!!」

「気が狂う!!」

と子どもたちがどれほど訴えてもやらせる。




味覚が潰れているとわからない

その結果、子どもが暴力的になり、義務教育の内容程度がわからなくなり、言われたことを盲目的にただこなすようになり、笑顔が減り、学ぶことを拒絶し、中学でごっそり落ちこぼれていく。

それでも、「まだたりない」「もっと反復させないと」と頭のおかしなことを言い続ける。

だれもその「飴玉」に問題があるとは思わない。

現場にいるのが「美味しい」「変わった味」と感じた、まともな味覚を潰された人たちと、「飴玉」を飲んだことがことがない人たちばかりだからわからない。

親は私も飲んだんだから飲みなさい! が多い。

私も飲まされたけど、あれは良くない。

「だから飲んではいけない」という人は少ない。

★入会をお考えの方へ★  ★子育てコラム★



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村