糸山先生のFB記事

シェアする

白状します…TVゲームにはかないません。by Reon.

脳の健全な成長とは既に関係のない大人が娯楽としてする分にはお遊びですので放置します。魅力的ではありませんし、人間的でもありませんので好みませんが、非常に良くできています。

しかしながら、脳の健全な成長に深く関わる幼児・児童期にTVゲームが、単なる娯楽として使えるかというと、全くの勘違いです。見過ごすわけにはいきませんし、見過ごしている保護者があれば、それは自殺行為です。

良薬が用量用法次第で猛毒になることは、誰もが知るところです(私が毎日飲んでいる漢方薬の加工ブシ末は、猛毒のトリカブトですからね)が、その用量用法の違いを作る時の基準は体の成熟度です。

つまりは、年齢と体重です。脳に関しては成熟年齢です。

具体的には12歳以前と以後では、全く別物と考えなければならないということです。

アルコールを考えれば一目瞭然ですが、
大人にとっては娯楽の一つでも、子供にとっては致命傷を与える毒薬だということです。

美味しいから飲ませてもいい、甘いから飲ませてもいい、多少なら血行を良くするからいい…馬鹿か!?

考えるべきは常に「副作用」である。
しかも、その影響は年齢に反比例して、大きくなる。
5歳なら大人の8倍相当と考えるべきだ。

まずは、【溶ける 脳細胞】で検索‼️

【追コメント】
ゲーム菌に感染した後の症状…ゲーム以外の時間はテキトーに誤魔化しながら時間が過ぎるのを待つ。勉強も遊びもスポーツも同じで、だんだんイライラしてくる。

私は最初、子ども達にルールはあるけどゲーム機を自分のお金で買ってもよいと言っていました。

小3以上、週に30分以内でテレビを見る時間と通算する。
後ろで眺めているだけの時間もやった時間に含める。
というルールでした。

でも、その後「中学生になったら」になり、今はなしになりました。
もちろん、子ども達に謝ってその理由を説明して、ルールを変えました。

買ってもいいといったけど、ごめん、どうしてもパパはお前たちにゲームを持たせたくない。
1人だけ持っていなくて辛い想いをすることがあるかもしれないが、その何百倍もお前たちの人生にマイナスだと思うから、やっぱり我が家にはテレビゲーム・ゲーム機は置きたくない。

18歳になって、家をでたら自由にしていいから、家にいる間はパパの決めたルールに従ってもらう。

とね。

理由は? テレビゲームの怖さがよく解ってきたからです。

時間の問題ではない、その内容とその影響力が問題なのだと思うようになったからです。

週に30分という遊戯時間よりも、週にどれだけテレビゲームに頭と心をとらわれるかを考えるようになったからです。

毎日10本しか煙草を吸わなくても、常に喫煙所を探しているような、食事を食べながら食後の一服の事を考えているような、無意識にいつも煙草の事を考えているような愚かな状態(依存)に子どもを落としたくないと強く思ったからです。

※ちなみに煙草の例は過去の私です。禁煙しようと思って読んだ本に喫煙者の思考が細かく書かれていて、そういう状態から抜け出そうと思ったら簡単にやめられました。20歳を超えるまで煙草を吸わず、事務(人事)職についてストレスから吸い出して、多い時で1日40本吸っていました。お酒もサラリーマン時代は若いころから週4~5回飲みに行き、結婚してからも週2~3回飲みに行きました。今はほとんど飲まず、ストレス解消のお酒は一切ありません。楽しいを酒をたま~にね。キャンプやバーベキューのお酒は好きです♪