我慢して頑張ったその先に

シェアする

お勧めしません

幼児~小学生に、

「理不尽なことを我慢する」

「なんでも真面目に頑張る」

そういう訓練をするのは、、、お勧めしません。

「なぜ採用したのか」過労自殺社員に対するコメント
http://matome.naver.jp/odai/2137559803302575801

弔電で「天命とは申せ」と社長
http://www.mynewsjapan.com/reports/1277

私は超ブラック企業の現場で1年間、本社(人事)で3年間働いたことがあります。
商売を覚えたくて入社したので仕事がきついのは構わなかったのですが、仕事がきついのとブラックなのは別次元の問題でした(苦笑)

その後転職した会社はとっても働きやすい、元ブラック企業の社員からはぬるま湯のような職場でしたが、それでも鬱や自律神経失調症で休職する社員は少なくありませんでした。




自分の身を守る力を

社会に出た子どもを、親が守り続けるというのは現実的に困難です。
だから、社会に出た時に、自分の身は自分で守れるように育てる必要があります。

違法な業務命令が出ることがあります。

無理難題を言ってくる上司もいます。

権力を笠に着て人をいじめるのが生きがいのような人もいます。

顧客に不幸を売りつけることで利益を上げるような仕事もあります。

1年後、新卒社員が3割残ればいいと思っている会社はざらにあります。

小1~高3までの12年間かけて刷り込まれた 「我慢する」 「頑張る」 という手法だけでは乗り越えられない場面が数多くあります。

違う方法はないか、やらなくて良い方法はないか、別の解決方法はないか、そういった思考力が必要になってきますね。

時には、逃げることも必要です。

ここまでやって解決しないなら、やらないという選択も必要です。

キャリアを変える勇気も必要です。

自分で考えて行動することが必要なんです。

学校の勉強は大切ですが、義務教育の内容程度は授業を聞くだけで十分くらいに育てたらいいんじゃないですかね。

学力が低いのに塾のテスト対策なんかで点数をあげては意味がないと思うのは・・・やっぱり少数派なんでしょうけど。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村