意味がない

シェアする

おかしな九九

私と同年代~年上の方に、

「最近の小学生って、九九を上り・下り・ランダムでやらされるんですよ」

と言うと

『?? なにそれ? どういうこと?』

と言われることが多いです。

そして、上り・下り・ランダムの意味をお伝えすると、

『なんでそんなことするの? なんの意味があるの?』

と大抵の方は驚かれます。

今日もお一人様、驚き、呆れていました。

文章問題に丸をつけさせて、足し算・引き算か分かる言葉に線を引かせて、式をつくらせて答えを出すというやり方も、

↓↓↓これ↓↓↓↓


『えっ そんなことしたら意味ないじゃない?』

という方が多いです。

まあ、普通そう思いますよね。

でも、小学校ではそんなおかしなことがまかり通っています。

子ども達の姿をみて疑問に思わないの?と言いたくなる音声計算

廊下に同じ絵が並ぶ酒井式描画法

子育てを終えたシニアたちに紹介すると呆れ果てています。

そして、「もう子育てを終えていてよかった」と仰います。

実際に、お孫さんの面倒を見ていらっしゃるPC教室の会員さんは、

『先生(私)の言うとおり、あんな宿題を大量にやっていたらおかしくなるのも当然ね』

とはっきり言います。




異常な世界での子育て

テレビゲームしかり、

幼児向けテレビ・DVDしかり、

タブレット・スマホしかり、

習い事で忙しすぎる生活しかり、

子育てを終えたシニアたちからすると、

異常な世界で子育てをしているんです。

私も異常だと思っています。

そういう時代なんだからと言って、

ゲームやネット依存の小学生、

家族で夕食もとらずに塾通いする小学生、

夜の九時過ぎに電車に乗っている塾帰りの小学生、

習い事でヘロヘロになっている小学生、

母国語がまともじゃないのにオウムのように英語を発声する小学生、

それでいいと思っているのでしょうか。

異常な環境で育てれば、異常な子どもに育つのは当たり前の事なのに、

異常な中に居ると、分からないんですね。

小学校の教科書に出てくる程度の文章問題が『苦手』というのは、

はっきり言いますが異常な状態ですからね。

そう、育ててしまったんです。

親が、学校が、

糸山先生のブログ記事

■どうして、こんなにも考えられないんでしょう?
(どんぐり倶楽部 糸山先生のブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/donguriclub/diary/201504280000/

●はい。お答えします。…あなたが、そう育てたからです。
「どんぐり」の学習相談では、よくある回答ですね。

●机について考えない習慣をみっちり付けられている学習環境が考えない子供を作り出している。

当たり前のことである。

子供は育てたようにしか育たない。

自力で本当に考えなければならない学習方法をとりいれていれば、自然に考えるように育つ。

当たり前だ。

逆に、

自力では考える必要がなく、本当に考える必要もない学習方法をとりいれていれば、自然に考えないように育つ。

これも、当たり前だ。

これだけのことなのに、低学年では成績が良かったのに高学年では全く考えられない。と言う。…穏やかな表現を使っても「馬鹿の戯言」である。

勘違いも甚だしい。

低学年の時から、ずっと、考えない学習をしてきた結果として考えられなく育っただけである。

途中で考える力のチェック(例えば「頭の健康診断」)をしても、その結果を無視して、<考えないで(暗記とパターン学習で)評価される成績>だけを求めて、考えることを全くさせていなかったというだけである。

放っておいて、考える力を育てることは、現代では至難の業(稀な偶然が幾重にも重なっても難しい)である。

本当の学習理論(健全に絶対学力を育てる理論)を理解し、家庭で実践するしかない。

他力本願では無理なのだ。

偶然教育ももう対応できない。

自分の子供は自分で育てなさい。

当たり前だ。

余力が出てきたら、もう一人だけ、お願いしたい。

人任せにしない

いつまでも「宿題は自分でさせないと」なんてのんきなことを言っている場合ではありません。

「アナフィラキシーショック」を起こしているのに、その刺激を与え続けているんです。

健全に育てた子なら、先取り学習などしなくても、類題で反復などしなくても、小学校の文章問題程度で躓きません。

「うちの子は文章問題が苦手で・・・」

何をバカなことを言っているんですか?

学校の先生が「文章問題が苦手な子が多いです」というのも、

何を言っているんですか?そう育てているのはあなた達でしょう? と思いますが、
(問題のある親も多いですが)

先生はそう言いながらも1年間、カリキュラムをこなし、大きな問題なくクラスを運営するのが仕事(だと思っているよう)です。

でも親は違いますよね?

言葉を理解できない、文章を理解できない、解らない、考えられない人間を世の中に送り出しては困ります。

周りの人も困りますが、多分親が一番困ると思いますよ。

久しぶりに塾長さんたちと情報交換をしましたが、

「あれだけ子どもたちを潰している●文が、訴えられないのが不思議」

と言っている方もいました。

他の塾長さんたちからも、●●式に肯定的な意見は皆無でした。

実際にそこで潰されてきた子どもたちを預かっているからこその実感でしょう。

その●●式と同じような大量プリント・ドリル学習を学校がやっているんですよ?

異常でしょう?

★入会をお考えの方へ★  ★子育てコラム★



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村