宿題を出す時

シェアする

宿題をだす側

教室の子たちはほとんどが週1回なので、子どもたちには宿題は1問だけやれたらやってくるように言ってあります。

雑にやってしまう子のお母さんには「逆効果だからさせないで」とも言っています。

以前の普通の塾だった頃、宿題は個別に出していました。

中学生にはその子に必要な分を出していました。

小学生には出す必要は感じていませんでしたが…親の意向に沿うように出していました。

「宿題をたくさん出してください!」というお母さんの子には多めに出し、別に何も言わないお母さんの子には出しませんでした。

まあ、はっきり言ってお母さんの顔を浮かべながら出していました。

出さないとうるさいしなぁ…と。

今はそんなことは絶対にしませんけどね。




学校の先生はどうでしょう

子どもたちのことを個別に考えた宿題をだしているでしょうか。

急に宿題の量が増えたり減ったりしていないでしょうか。

「宿題を増やしてください!」

「宿題が多いです!」

というお母さんたちの影響を受けてはいないでしょうか?

基本、先生は出した宿題を自分でやってみることはありません。

私も自分でやることはありませんでした。

だから、どれくらいの辛さかはわかりません。

どれくらい効果的なのか、逆効果なのかもわかりません。

宿題が少ないとテレビゲームばかりやってしまうから「宿題が少ない!」という方…いますね。

出来れば出会いたくない人たちです。

向こうも私とは会いたくないでしょうが(笑)

どれだけ多くの宿題が出ようが、宿題がほとんどでなかろうが、子どもに合わせてアレンジ(制限)するのが、子育ての責任者である親の役目だと思います。

「(みんなの分も)宿題を増やしてください!」

「(みんなの分も)宿題を減らしてください!」

よりも、「うちの子には宿題をさせません。」のほうが謙虚でいいと思います。

宿題は本人がやるべきだという方でも、夏休みの自由研究には干渉しすぎるほど干渉する方もいますしね。(そこは私には理解不能です…そこが楽しいんじゃないかと)

子どもにさせる家庭学習の内容も、当然親はやりませんね。

「凄いよねぇ~ 私だったら絶対無理!」

なんて言いながら高速プリントの教室に通わせている方も結構いるんでしょうね。

4年生のお父さんお母さんたちから宿題が急に増えてきたという報告が続いています。

9歳の壁をしっかり乗り越えられない子たちが沢山いて、学校だけで理解させるのは無理、数をこなして習得させるしかない…と思っているかどうかは定かではありません。

★入会をご希望の方へ★  ★子育てコラム★



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村